米国史上最大のIPO

明日18日の朝に、米国最大のIPOがあるそうだ。
なんとGM...。Chapter 11申請で上場廃止になった会社じゃないか...。

1年5ヶ月ぶりの上場ということで、IPOといえばIPOだけど、
『米国史上最大の』と胸を張る案件じゃないですね、これ。

とはいえ、あの倒産から1年半で早くも経済の表舞台に復帰するのは、
アメリカの経済活動のスピード感や、底力を感じます。
産業復興のために、Chapter 11のような事前調整型の倒産をさせることは、
経済の新陳代謝の観点からも、必要なのかもしれません。
日本でも、とりわけ既得権益が複雑に絡まっているような一部の業種には、
この種のショック療法は効果的なんでしょうね。

どうすれば新たな産業が興隆するのか、どんな産業を基幹としていくのか。
特定の産業内や専門家の間での議論ではなく、
より分かりやすい形で国家レベルの議論が見えると良いですね。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2010-11-18 12:15 | 金融・経済

来学期の履修科目

Kelloggでは2学期目からBiddingが始まるので、
初めてのBiddingを無事終え来学期の履修科目が固まりました。

 ①Finance 2(大半の選択科目のPre-requisite)
 ②Marketing(必修)
 ③Micro-Economics(必修)
 ④Decs 2(必修、統計)
 ⑤GIM Japan

4科目の履修が基本で、リクルーティングで忙しい学生は3科目という人も多いので、
大分ストレッチした取り方になっています。
ただ、3学期目の春学期に取りたい授業がたくさんあるため、
ちょっと頑張って必修の履修をほぼ終えておこうという戦略にしました。

同時に、秋学期の中間テストも全て返ってきたので一旦振り返り。
大まかに言えば、統計、ファイナンス、会計といったハード系科目は満点近く、
反面、ソフト系科目のストラテジーは平均をやや下回り8割を辛うじて確保。

予想はしていたものの、英語のハンディを埋めるだけの努力が出来てないですね。
ファイナルに向けては、今一度兜の緒を締めなおして勉強に望まないといかんです。
学部の成績がとっても悪かった僕としては、成績への拘りはないんですが、
せっかく学ぶんだから『やれるだけ勉強した』という満足感は欲しいと思うのです。

厳しいワークロードになりそうですが、頑張っていきましょう。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2010-11-18 11:02 | MBA授業

日本が世界に誇るもの

先端技術・食・文化など、最先端からトラディショナルに至るまで、
日本が世界に誇るものは、もの凄くたくさんあるのです。

そしてそう、忘れちゃいけない心の故郷が一つある。ドラえもんだ。
d0167076_15181669.jpg
なんでこんなことを言ってるかって??
最近1人のクラスメイトがよくドラえもんの話をしていて、分からないことがあると
『ドラえもんは日本の漫画だから聞いてみよう』的なことになるのです。

質問の内容はというと、
 『なんでネコがネズミに耳をかじられるんだ??』とか、
 『こいつはネコなのか?ロボットなのか?』とか、
 『ネコ型ロボット??なんだそれは??』とか...。

最近の目標は、ドラえもんを英語で上手く説明すること。
初歩的に思えて、こういう柔らかい内容を上手く説明するのって、少し難しいですね。

しかし、この絵ののび太クン、可愛らしく描けてますね。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2010-11-17 15:29 | 雑感

Fit感という名の勝負

久しぶりに受験ネタを少々。
ここKelloggも、1stで出願した方、2ndで出願される方を含め、
本当に多くの日本人アプリカントの方にCampus Visitして頂いています。

多くの方に共通するのは、スコアも揃っていて、職歴もピカピカということ。
受験年次は違いますが、これだけ質の高い受験生プールの中で、
自分が選ばれた理由を探すことが本当に難しいと感じるくらい、皆さん質が高いです。

では、一定水準を上回るスコアとEssayを確保したその先で、
何で勝負することになるかというと、そう、Fit感なのです。
昨年の今ごろは、僕もこの曖昧模糊とした概念を理解しきれずにいました。

ただ、今こちらに来てみて、このFit感というものを理解できるようになってきました。
簡単に言ってしまえば、『Kelloggっぽいか、っぽくないか』。これなのです。
各ビジネススクールのカルチャーに合っているかどうか、
各学校での生活を満喫し、周りに良い影響を与えられるかどうか、
これが非常に重要な要素になってくるように思っています。

Applicantの方からだと、『居心地が良いか、悪いか』に置換え可能だと思います。
Top B-Schoolといわれる学校は、Academicな意味合いではどこも素晴らしく、
本当にSpecificなニーズがない限り、なかなか区別する要素がありません。
じゃあ、各学校にいたとして、そのカルチャーを自分が楽しいと思うかどうか、
これに尽きるんじゃないかな、と。

ただ難しいのは、日本にいるだけだと、この漠然としたFit感が把握できないのです。
僕も実際にVisitに来るまでは、多くの学校の志望度が正直横並びの状態で、
Kelloggがここまで素晴らしい学校だとは思いませんでした。

なので、僕からできるアドバイスとしては、Campus Visitをして下さい、ということ。
各学校の雰囲気を肌で感じ、好きになれた学校は(多分)Fitしている学校です。
その上で自信を持って面接に挑めれば、自然といい結果を掴めると思いますよ。

だんだん本格的に寒くなってきて、MBA受験も佳境を迎えていますね。
ここを乗り切れば、ゴールテープはすぐそこだと思います。
もうひと踏ん張り、頑張りきっちゃってください!!
d0167076_9345829.jpg
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2010-11-16 09:35 | MBA受験

秋刀魚×日本人=シアワセ♪

日本の秋の味の代表格、秋刀魚。
米国でしかも内陸のChicagoエリアで食べられないかって??
いやいや、それが食べられるんです。僕らKellogg生のイベントで。

土曜日は、僕らKelloggの日本人学生が『秋刀魚の会』なるイベントを開催。
Northwestern Univ.中の日本人関係者に声をかけて行なう、盛大なイベント。
幹事になってもらった2人は特に大変だったと思いますが、
僕も買出しや当日の準備等、出来る限りお手伝い。

冷凍秋刀魚の解凍に始まり大量の大根おろしの準備、お米の炊飯、
BBQグリルの準備などなど、なかなかにやることが多いのです、このイベント。
いざ焼き始めてみると、本当に本格的。こちらがその写真。
d0167076_603270.jpg
結果、NU日本人コミュニティから70名近い参加者が集う大盛況っぷり。
美味しい秋刀魚とビールに加えて、学校中のNU日本人との交流。
朝から準備を始め片付け終わったのは夕方過ぎてからでしたが、
文字通りあっという間に時間が過ぎたように思えるくらい、楽しいイベントでした。
Asian Food Festivalといい、こういう文化祭的なイベントはやった者勝ちですね。

幹事のお二人、楽しいイベントをどうもありがとう。改めてお疲れさまでした。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2010-11-15 06:05 | Kelloggライフ全般

やっと一息

Kelloggは水曜日には授業がありません。
したがって、宿題・Meeting等をするにはもってこいの1日。

昨日投稿のStrategyの宿題も、頑張った甲斐あって皆にはすこぶる好評。
今日は残りの宿題を片付け、課外活動とGIMの2本のMeetingをこなして終了。
何かにつけて忙しいKelloggライフにあって、貴重なゆったりとした夕方を満喫。
たまには家でゆっくりコーヒー片手に寛ぐってのもいいですね。

日本のニュースを家でチェックしていたら、『大塚製薬上場承認へ』のニュースが。
円高も一段落、株価も1万円回復目前の状況下なので、
こういう大型上場が株式市場を活性化させるのに一役買ってくれるといいですね。

こんなニュースに目が行く僕、
本日タイ人の友人に“Finance Geek(金融オタク)”呼ばわりされました、笑。
オタクと呼べるほどの知識も経験もございませんが、なんとでも言ってくだされ。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2010-11-11 14:12 | Kelloggライフ全般

荒行? 試練? 大苦戦...

Strategyの宿題に手こずってます。はい、物凄く。
今回は、表とかも入れて20数ページのケースを読み込んだ上で、
4-6枚ほどのメモを作って提出するというもの。グループワークでの対応です。

今回、唯一英語が不得手な僕がドラフトアップをすることに(他3人はアメリカ人)。
ケースの読解に始まり、分析、ライトアップと、全てにやたら時間がかかります。
多分、しかも今書いているレポートも、英文の質はイマイチなんだろうなぁ。
Editing担当のグループメイト、このBlog読めないだろうけどごめんなさい。

今更ながら再確認する語学の壁。乗り越えられる日が待ち遠しい。

ただ、語学のハンディキャップを言い訳にしたくないので、
出来るだけ時間をかけて頭を使って、自分のベストのものを仕上げてから、
その友人にバトンタッチしようと思います。

ということで、今日は飲み会にも行かずせっせと学びに勤しみます。
あっさりとした投稿で、失礼しました。ではでは。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2010-11-10 12:34 | MBA授業

ただいまの気温

18℃。
週末は氷点下だったのに、なんだこれは、という暖かさです。
まさに、まるで春のような陽気。外を出歩くととても気持ちが良い1日です。
Tシャツだけで出歩いてる人もチラホラ。

ただ、突如氷点下まで気温が下がったりすることも日常的にあるので、
Visitに来る方は、温度調整が可能な服装で来てくださいね。
体調を崩しやすそうな日々ですが、なんとか元気に乗り切りたいもんです。
d0167076_4174658.jpg
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2010-11-09 04:12 | Evanston・Chicago

The Most Delicious Country

少しだけ落ち着きました。ただ宿題がうず高く溜まってますが...。
さて、今日は5日(金)にあったAsian Food Festivalというイベントをご紹介。

これはTGという毎週金曜日に行なわれるKelloggの飲み会のSpecial版で、
アジア各国が料理を出し、その販売数を競うというイベント。
参加したのは日本、韓国、中国、台湾、タイ、シンガポールだったと記憶。
優勝国には"The most delicious country"と刻まれたトロフィーが授与されます。

気持ち的には、もう日本代表チームのようです。勿論、目指すは優勝。
我らが日本チームは、日本の祭りを再現するべく焼きそばとたこ焼きを提供しました。

前日の4日の夕方から、たこ焼き班と焼きそば班に分かれて下準備。
皆多忙を極めるスケジュールですが、そこはKellogg。常に皆で全力投球です。
焼きそば班の僕らは、当日炒め合わせてソースで味付ければ完成する段階まで準備。
200人前を想定していたので、準備する麺、肉、野菜の量は半端なく多かったです。
多くの参加国がケータリング等で対応してたのを考えると、気合が違いましたね。

当日はホットプレートを大量に使っていたため、
序盤でブレーカーが落ちるというトラブルに見舞われ、かなり焦ったものの、
なんとかオペレーションに問題は発生せずに乗り切り、
2時間の予定のところを1時間強で売り切れるという最高の結果に。

そして、結果発表。日本はほぼ想定どおりの194食を販売。
意外だったのは、なんと2位に70食以上の大差をつけての圧勝でした。
チームワークの勝利ですね。全員で頑張ってよかった~。
2年生、1年生がここまで一致団結してたチームはどこを探しても無かったと思います。

ということで、無事、『Japan=The Most Deliciou Country』に決定♪
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2010-11-08 02:44 | Kelloggライフ全般

忙しいのは誰のせい??僕のせいです。

ここもとちょっと忙しくしすぎた感もあり、体がやや疲弊モードです。
GIM、ケースコンペティション、授業のグループワーク、その他の課外活動と、
色んなデッドラインが波状攻撃で押し寄せたせいか、あんまり寝る時間もない毎日。

ま、授業以外は自分が好んでやっているので、全部楽しいんですけどね。

てことで、少し落ち着いたら、ゆっくりカフェに行ってマッタリ過ごしたいもんです。
こちらはちょっと前に行った、車で10分くらいのところにあるパンケーキ屋さん。
レトロな雰囲気がGood。軽食が凄く美味しいです。
時間あればすぐにでも行きたいなぁ。

どっちの写真を載せるか迷ったので、両方載せときます。

バナナ・フレンチ・トースト
d0167076_1146727.jpg
メニューの色味がGood
d0167076_1147810.jpg
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2010-11-04 11:50 | Kelloggライフ全般