米国史上最大のIPO

明日18日の朝に、米国最大のIPOがあるそうだ。
なんとGM...。Chapter 11申請で上場廃止になった会社じゃないか...。

1年5ヶ月ぶりの上場ということで、IPOといえばIPOだけど、
『米国史上最大の』と胸を張る案件じゃないですね、これ。

とはいえ、あの倒産から1年半で早くも経済の表舞台に復帰するのは、
アメリカの経済活動のスピード感や、底力を感じます。
産業復興のために、Chapter 11のような事前調整型の倒産をさせることは、
経済の新陳代謝の観点からも、必要なのかもしれません。
日本でも、とりわけ既得権益が複雑に絡まっているような一部の業種には、
この種のショック療法は効果的なんでしょうね。

どうすれば新たな産業が興隆するのか、どんな産業を基幹としていくのか。
特定の産業内や専門家の間での議論ではなく、
より分かりやすい形で国家レベルの議論が見えると良いですね。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2010-11-18 12:15 | 金融・経済