受験準備① Time Management

初のリンクをさっき貼りました。
リンク先のひよこまめさんとはかつて2年間クラスメイトだったんですが、
縁あってKelloggでも学友となります。
長いお付き合いになると思いますが、よろしくです。>ひよこまめさん

さて、僕が去年そうだったように、
MBA受験を考えておられる方もこのBlogをご覧になるかもなので、
ちょこちょこと受験勉強の話もアップしていこうと思います。

まず最初のテーマに選んだのがタイム・マネジメント。
社費留学ということで限られた時間(1年間)で結果を出す必要があったため、
スケジュールの組立てが一番大事だと思いました。

僕自身、海外経験ゼロの純ドメで英語の発射台も高くなかったんですが、
スケジュールも含め、とにかく目標は高めに設定。
そうすることで、自分のスコアアップに満足することなく、
緊張感を保ち続けられたかな、と思います。

戦略としては、試験系(TOEFL, GMAT)は出来るだけ早く片付け、
最後(11-12月)はエッセイに没頭。
具体的には、7月TOEFL100点、9月GMAT700点、
その後年内いっぱい使ってTOEFL110点とエッセイといった計画。
実際は8月にTOEFL100超え、9月GMAT700超え、11月にTOEFL107で終了。
TOEFLは残念ながら最後までスロットが揃わなかった感じ。

出願時期については、チャンスは1年だけだったので、
年内に合格を確保し、本命校は年明けの2nd Roundで勝負といったスタンス。
1stでは4校に出願し、年内に1校、1月に1校合格を確保。
2ndでは9校に出願。幸いにも、複数のTop校から合格をいただきました。

Kelloggともう一校でかなり迷ったんですが、
Fit感やソフト・スキルの向上など、いくつかの理由でKelloggに決定。

Why Kelloggについては、別途書こうと思います。

d0167076_10175760.jpg

[PR]

# by Jinan-bou | 2010-06-01 10:20 | MBA受験

考える力

6月になりましたね。
昨夜は戦略コンサル界2トップの一角、B社(Mじゃない方)主催の壮行会。
僕も『コンサル何たるもんぞや』という興味と、タダメシの2点セットで参加決定。

最初にパートナーの女性から英語でご講話。
うぬぬ...。ひいき目に見ても3/4くらいしか分からん。
続いてKellogg出身のパートナーの男性から日本語でご講話。
うんうん、よく分かる。やっぱ安心感が違いますな、日本語は。
その後小規模なInfo. and Q&A Session、懇親会といった構成。

冒頭の参加理由も見ても分かるとおりCareer Changerではないので、
多くは期待せず出席したものの、意外に大きなTake awayを見つけられたような気も。

彼らとのディスカッションで印象に残ったいくつかの言葉をご紹介します。

1. B社のプレゼン資料はフォントがデカイ
 - 資料をみっちり作り込む際に陥りがちな、『量で稼ぐ』やり方を真っ向から否定。
 - 分厚い資料をキレイに作り込む時間があれば、その分煎じ詰めた情報を提供すべき。

2. 彼らの強みは『徹底的に、これでもかという位まで考え抜く力』
 - Webでのファクト探し、Excelシートいじりに時間を割きすぎると、猛烈に怒られる。
 - 細かな作業より、トコトン、脳みそが磨耗するくらい考え抜くことに重きを置く。
   ⇒ 真にユニークな解は、我々の頭の中にある、というメッセージを感じた。
   ⇒ 結果的に、コンパクトかつフォントサイズの大きなプレゼン資料に。

これってコンサルタントじゃなくて、普通の日系企業の人間でも、
気持ちのギアを一段上げると、ユニークな仕事がガンガンできるってことですね。

帰りの電車のなかで、自分の過去の仕事を振り返ってみた。
反省する部分もあるなー、と実感しながらも、
B-Schoolでそういった頭の使い方の訓練を受けることに、ワクワクする。

最後に。。。
考え抜いていない文章なので、B社の資料と違って、文字数が多くなってしまう...
[PR]

# by Jinan-bou | 2010-06-01 08:22 | 出国まで

愛校心

土日は完全なオフ。

受験生活と不摂生な日々のため久しく身体を動かしてこなかったが、
出国までにちょっと動ける身体にしなきゃ、と思い立ち、
神宮外苑の打ちっぱなしに。

外苑前の駅を出ると、ビックリするほどの人の海。
老若男女を問わず、何かを話し合いながら駅のほうにゾロゾロと。。。
どうやら早慶戦だったみたいですね。

おじいちゃん・おばあちゃんも『WASEDA』と書かれたトレーナーなんかを着込んでて、
所属意識がもたらす連帯感の強さみたいなものを実感。
また、商業的に大学スポーツがどの程度成功しているのかは知りませんが、
商業ベースの価値で図りきれない価値がこんなところにもあるんだな、と知りました。

大学スポーツやこういった連帯感と無縁の大学生活を送った僕としては、
なんだかとっても羨ましい気持ちに。。。
同時に、Kelloggではこういった強烈な一体感に浸かりたいな、と感じました。

d0167076_8195221.jpg

[PR]

# by Jinan-bou | 2010-05-31 08:28 | 雑感

壮行会

昨夜は会社でお世話になっている方々にお祝いをしてもらった。
企画部門で長らくご一緒させていただいた、いわば会社のブレーンな方々。
本当に優秀な皆さんです。

手羽先の唐揚げ、久しぶりに食べたけど、やっぱ美味しかったぁ。
d0167076_8412862.jpg


Lehman Shock後の大混乱、、、
必死になって事業計画を一緒に練り上げた日々が、
懐かしくも、また、昨日のことの様にも思い出されます。

喧々諤々の議論。
多分数え切れないくらいの粗相や失言をしたでしょうが、
仕事を何とかやり抜けたのは、
咎めることなく伸び伸び仕事させてくれた皆様のおかげ。

感謝の気持ちを確認するとともに、
キャリアを止める2年間、必死で学ばないとなぁ…と感じました。

ただ、感謝の気持ちと同じくらい今あるのは、英語への恐怖…ヤバイっす。
[PR]

# by Jinan-bou | 2010-05-28 08:47 | 出国まで

はじまり

3月下旬の早朝。
Northwestern大学MBA(Kellogg)から合格通知をもらった。

ちょうどその日は嫁さんが実家に戻っており、家には僕ひとり。
E-mailを確認し、『Congratulations from Kellogg!』というタイトルを見た途端、
独りで大はしゃぎ。

これがこのBlogをはじめるきっかけです。

まだMBAがスタートするまで3ヶ月ほどありますが、
出国・初めての海外生活等、書き込んで行ければな、と思います。

当初はそんなに更新の頻度は高くないと思いますが、、、

d0167076_850158.jpg

[PR]

# by Jinan-bou | 2010-05-27 08:45 | 出国まで