「ほっ」と。キャンペーン

KIS

 ステキな響きですが、Kellogg Information Systemの略です、残念ながら...。地味にこのサービスが素晴らしいので今日はこの話題。

 Kellogg PCユーザーなのですが、僕の強烈なタイピング圧力に屈したのか最近『M』と『→』がワークしなくなり、また、たまにドライブが一瞬落ちてまたすぐに復旧するといった事態が起こっていたので、今日はこのKISに。12時までの授業が終わってすぐに行って、『3時からのミーティングの下調べをしたいからなるべく早く直してくれ』って若干無茶なお願いをしたのですが、お昼を食べて1時ごろにいったらカンペキに直ってるじゃないですか。キーボードが全部新しくなってるのに加えて、エラーが起きてたソフトも全部アップデートしてあり、さらに汚れが目立ってたモニターとかも全部クリーンアップされて戻ってきました。Kellogg生はKelloggにいる間はモチロン全部無料でこのサービスが受けられます。

 とことんメカに弱い僕ですが、ITリテラシーの無い学生にも親切対応のKIS、かなり好感度高めです。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2012-02-28 04:39 | Kelloggライフ全般

Welcome to TRUE FINANCE

 先日先生のところに質問をしに行って、一通り議論したあとに言われた言葉がこれ、Welcome to TRUE FINANCE。なんでか知らないけど、いわれてかなり恥ずかしかった...。褒められてんだかバカにされてんだか、分かんないけど、まぁ良しとしましすか。

 今後2週間ちょっとでリサーチ・ペーパーが2本、まだ何にも始めてないという事態を本日把握し、こっからしばらく力仕事です。睡眠がまた削られる日々になりそうだけど、Kelloggライフも最終盤、張り切って乗り切りましょう。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2012-02-22 12:31 | MBA授業

日本のIPO

 日本人MBAのコミュニティでは近年一番の有名人、HBSの岩瀬さんがやってるライフネット生命が3月15日にIPOするようですね。まだ仮条件も決まってないので規模感もつかめないのですが、最近は目玉のIPOも無かったので、久しぶりに活況になりそうな予感。予感がするだけですけど...。

 アントレプレナーとして、飽和間と閉塞感がただよう日本の生命保険を自分のマーケットに選ぶこと。そして、風雲児としてその閉塞感漂うマーケットに風穴を空けること。今になってみればオンライン証券が風穴をあけたように生保にその穴が開いたって総括できちゃうかもしれないけど、その場面でこの決断を下すってすごいこと。直接の面識はないんですが、カッコいいなって思いますね。世の中の歪みみたいなものを見つけて、そこを自ら変えにいく。全員ができることじゃないし、自分でこれが見えないうちは、そういう人のお手伝いをするビジネスにいるのも悪くないな、とも思ったりしてます。

 とは言うものの、投資を煽る気もまったくなく、あくまで投資のご判断は自己責任です(←営業やってた時のクセがまだ抜けてないかも...)。ライフネットが上場するマザーズは東証1部・2部と比べると上場基準も緩めで、黒字化していない会社も上場できる、比較的リスクが高めの株式が上場されるマーケットです。ライフネット自体の財務諸表もちょっと見てみましたが、'11年3月期は経常損益・純損益ともにまだマイナスの会社。ただ、これまでの業績の拡大実績やかなりエッジのきいたValue propositionを見てみると、将来に期待したくなる会社ですね。ここもとの債券高と円安で相場が若干戻ってきた今日このごろ、ライフネットが2012年の相場の起爆剤になってくれれば嬉しい限り。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2012-02-21 06:16 | 金融・経済

Presidents Day Sales

 ThanksgivingのBlack Fridayと比べるとさほど大規模なセールスじゃないけど、TVをつけるとどこもPresidents Day Salesの広告をバンバンやってます。ということで、久しぶりにちょっと長めのドライブでShopping Mallへ。AuroraというEvanstonからハイウェイ使って一時間ちょっと西のところにある、プレミアム・アウトレットへ。御殿場とかにあるのと同じ会社が運営してるやつです。こんな位置関係。
d0167076_12255215.jpg
 今年のシカゴの冬らしく、今日もびっくりするくらいの暖かさ。なので屋外のモールでも全然問題なく買い物できました。社会復帰を見越して革靴を買ってしまうあたり、知らず知らずのうちに実社会を意識しはじめてんのかなー、と実感。シカゴエリアでは一番おっきなアウトレット・モールなんだけど、NY(NJかな)のそれと比べるとやっぱり規模も小ぶりで、奥さまは若干不完全燃焼だったかも。ま、また行きましょう。

 こっちのショッピングモール、すっごく安くて多分ブランドの幅も日本より広いけど、NYでもChicagoでもメシがまずい...。ハンバーガー、中華料理のプレートランチと訳の分かんない和食もどきみたいなのが売ってて、こりゃイカンなという感じ。『御殿場にはカプリチョーザ入ってたよね』と奥さまがひと言。あったら絶対通うのに...。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2012-02-20 12:44 | Kelloggライフ全般

2nd Roundのインタビュー・デイ

 日本ではもう月曜日なので、大半の方がKelloggのインタビューを終えられたことになりますね。お疲れさまでした。Kelloggが第一志望の方も、そうでない方も、志望度の高い学校のインタビューが終わるとホッとひと息つきたくなるところですが、それは全てのインタビューが終わってから。手綱を緩めることなく、一つひとつのインタビューを大事に攻め続けてください。

 インタビュー真っ盛りの時期が終わると気持ちの悪い『待ち』の時間に入るんですが、インタビューでやりきったと思えれば、きっと気持ちを強く持って結果を受け取り続けられるはず。なので、今、目の前の一つひとつのインタビューを大事に頑張りきってください。

 とはいえ、まずはKelloggのインタビュー、お疲れさまでした。僕も2年前のインタビュー、まだリアルに覚えてます。インタビュアーのAlumniが話しやすい雰囲気を作ってくれて、とにかく楽しく話をして、Kelloggのことをより一層好きになれるインタビューでした。みなさんの中にも、インタビュアーとの会話のなかで、さらにKelloggの理解を深められた方、よりKelloggのことを好きになっていただけた方がたくさんいれば、この上なく嬉しいです。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2012-02-20 12:06 | MBA受験

最後のBiddingが無事終了

 来学期のBidding、1stラウンドが今日締め切られ、無事全ての科目を競り落としました。詳細は後日書くとして、今日は雑感だけ。最後の学期、ホントにシッカリと勉強したいって科目が二つあり、その2科目のワークロードが相当に重め、かつ卒業前のSocializeやゴルフ、テニスってアクティビティも充実させたい、って気持ちもあり、3教科の取得になりそうな気がする。反面、人気科目を取ったり、今後のキャリアで直接学ぶことの無い分野を学ぶラストチャンスということもあり、広く多くの科目を取っておきたいって言う相反する感情もあったりで、結局オプションを手元に残しておくって意味合いでフルの5科目を競り落とすことに。

 なので、最後の学期の取得科目については履修する・しないが決まった段階で細かく書いてみようと思います。『自分が所謂なMBAってのとズレてんのかなー』と思ったのが、前々から取る気マンマンで競り落としに行った3科目が各1ポイントの計3ポイントで獲得できた反面、直前に『エイヤ』って決めて競り落とした2科目が合計で約1,000ポイント...。素で突き進むと競合相手がいないっていう、1人ブルーオーシャンみたいな状態になってるなー、と。ま、個人的には大満足なポートフォリオなんで全然問題ないかな。

 そうそう、こっから話が完全に脱線。今日仲良しの韓国人クラスメイトが喜び勇んでやってきて、『KelloggのマーケティングのPhDから合格をもらった』って飛びついてきました。これ、凄いことです。世界一のマーケティングのリサーチ集団の仲間入りです。仲良しの朗報に僕まで嬉しくなって、喋り倒してたら二人揃って授業に遅刻...。先生ごめんなさい。彼は僕より2つ年上の32歳、こっから5年間の博士課程に行くってのは結構な決断が必要だったと思うけど、彼の今日の笑顔を見ていると、そういう悩みはもう完全に振り切って前を向いてる感じでした。カッコよかったですね。そんで、昔学者になりたかった僕にはちょっと羨ましくもありました。

 よく書いてますけど、Post-MBAって色んな道があるんです。勝ち組はコンサルとIB/PEだけじゃありません。アカデミアへの道も開けてるんし、やりたいことを見つけたって心から言える奴が勝ち組なんだと思いますよ。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2012-02-17 14:40 | Kelloggライフ全般

MBA 周りの印象と実際

 これ結構的確かも。。。モチロン全ての要素が含まれてると思うんですけどね。
d0167076_4778.jpg
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2012-02-16 04:08 | 雑感

Kellogg最後のBidding

 となる来学期のBiddingが今日からスタート。予想以上に学べている部分もあれば、学ぶにつれて興味の出てきた分野もあり、2年間プラス1学期あれば、ってのが正直なところ。8つくらい取りたい科目が残ってて、その中でバランスを重視するか、自分の今の欲求に素直に行くかでちょっと迷ったけど、結局はいま自分が興味を持って勉強したいって最も思えるものをピックアップ。入学当初思ってた取得科目の構成とは大分違ってFinanceとStrategyに偏重してしまったけど、オポチュニティコストを自分で払って授業を取っているんだから、内側から出てくる欲求に正直に行ったほうが後悔ないかな、と思って決めました。

 将来のキャリアから一直線に取りたい科目ってのが出てくるもんじゃないし、僕もまだまだ自分のキャリアの未来が見えないなかで自分が面白そうだなって思える科目ばっかり取ってきたのかも。そんで、その中で自分が好きだって思えるフィールドが少しずつ見えてきたような気もする。でも、きっとこれってフワフワしたもので、一歩前に進んだと思ったらやっぱり一歩下がってみたり、立ち止まってみたりってのの連続なのかもしれない。この中で、時に一歩下がったり立ち止まったりってことが、一直線に進み続けるのと同じくらい大事なのかな、って思えるようにもなってきたかな。うん、少し物分りの良いオッチャンに近づいてきたかもしれませんね。

 クラスの中でも外でも、色んな奴らに出会って、その一瞬一瞬がホントに新しい刺激をもたらし続けているこのKelloggでの生活。これが来学期で終わってしまうって正直実感もないし、あんまりイメージしたくない気もするけど、最後の1学期でも、そんな新しい刺激がいくつも得られるといいな、と思うのでした。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2012-02-15 14:22 | MBA授業

テスト後の週末

 シッカリ満喫してきました。

 金曜の夜。Asian Management Associationが主催し、我らJapan ClubがCo-hostingしたKaraoke Nightなるイベントに。このイベント、昨年に続き2度目の参加。カラオケ3割、飲み会7割といった感じのイベントですね、平たくいうと。アジア人ばっかりのイベントなので、日本の大学生より飲みのペースが早いです。いたるところでDrinking Gameが行なわれ、一気飲みばっかし。でもこれ、アジア人同士でしか出来ないので、結構貴重で好きだったりするかも。はい、僕も完全に泥酔でした。

 土曜日。食材の買出しやら洗車やらなんやらを済ませた後、久しぶりにChicagoでイチバンだと思う、よく行くおすし屋さんへ。2ヶ月ぶりくらいに来てみた所、シェフとメニューが少し変わった様子。味も少し変わったかな。けど、引き続きシカゴ一番の味なことに変わりはなく、ホッと安心。
d0167076_1519536.jpg
d0167076_15203162.jpg
 本日日曜日。宿題をサクッと済ませ、グループで提出の課題を纏めて、久しぶりに料理なんてしてみたりしつつ、嫁さんと一緒にグラミー賞をゆったりと鑑賞。あまり追われることのない、良い週末でした。休養十分、また明日から始まる今学期後半戦、頑張ります。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2012-02-13 15:26 | Kelloggライフ全般

中間テストが無事終了

 たった今デリバティブのテストを終え、中間テストが無事(←たぶん)終了。今回は月曜日にTake Homeの提出、水曜日に試験、金曜日にOpen Bookの試験ってことで、比較的時間にゆとりがある試験ウィーク。反面、昨日辺りには試験が終わってる人も多くて、ガッツリとグループワーク入れられちゃったりしてましたけどね。

 さ、晴れ晴れとした気分で何かするぞ!!と思ったら、今日から久しぶりに雪景色。ホント暖かかった昨日までと今日とでここまで景色が変わるとは、やはり恐るべしEvanston...。

これが昨日までで
d0167076_557415.jpg
これが今日
d0167076_5573096.jpg
 さて、今学期の後半はリサーチ系のプロジェクトも2本控えていることもあり、忙しくなりそう。今週末は宿題1本だけってこともあり、束の間の休息を楽しむことにします。ではでは。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2012-02-11 06:01 | MBA授業