最近やっと

 授業中に発言することに抵抗がなくなってきた。思いついたことを手を挙げてすぐに発言するって意味で。これまでは言うことを頭の中で纏めて、そんでもって手を挙げてエイって感じだったので、ちょっとずつ進歩してるみたいです。ひょっとしたら、特に何も考えずに喋ってしまうアメリカ人的な悪いクセが移ってきてるのかもしれませんが...。

 Kelloggに来て一年もすれば英語でのディスカッションも問題ないと出国まえは思っていたのでそれと比べたら進歩は遅いけど、Kelloggのグループワーク漬けの日々がなければここまでも進歩してなかったかな、と思い、改めて進学先の決断が正しかったなぁと実感。30歳間近になってたった2年でバイリンガルってのは難しいけど、日々やってることは裏切らないなと思うのです。留学の動機のひとつに英語が上手くなりたいってのが入っている人、Kellogg以上の学校はないと思いますよ。

 とはいえ、英語力の向上ってのは果てしなく続く永遠の課題。纏まった休みのたびにいとも簡単に退化してしまうこの英語力、Thanksgivingも冬休みもちゃんとマネージしていかないと。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-11-15 08:51 | 英語

Chicagoにも...

 ミツワのシカゴ店にマリオン・クレープが。でも混みすぎてて買えなかった、くそぅ...。ちなみにこちらシカゴ店での出店は明日までらしく、その後ニュージャージー店に移るらしい。頑張って並んだら良かったかなぁ。
d0167076_1143741.jpg
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-11-13 11:46 | Evanston・Chicago

Stay Cool

 友達がFacebookでシェアしてた写真。すんごいナイス。
d0167076_539523.jpg
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-11-12 05:39 | 雑感

再会

 再会ってのはいつも突然。いつもどおりKelloggに行くと、見覚えのある女性が。そこにはKWESTのリーダーをやってくれたClass of 2011の卒業生が、リクルーターとしてKelloggに戻ってきていた。思い返せば1年と3ヶ月前、みんなの高速英語にほとんどついていけず苦しんでたなか、物凄く丁寧にNon-nativeの僕らをフォローしてくれた、本当に感謝しきれないくらい感謝している友人。

 この子、アルゼンチン出身なんですが、何が凄いってハチャメチャに頭がいい。スペイン語と英語はネイティブ、中国語は日常生活には困らないレベルでその上日本語もある程度分かる。UndergradはStanfordで現在は西海岸でコンサルタント。しかも美人。久しぶりの再会を喜びつつ話し込んでいると、あっという間に授業開始が迫り、またの再会を願いつつお別れ。

 Kelloggのいいところは、こういう超人が大体物凄くいい奴で、すぐに友達になれること。同じ学年にも、何人か『絶対にこいつには勝てない』って思う奴がいるけど、そいつらも悉くいい奴ら。こういう、自分に足りない部分を浮き彫りにしてくれる存在って、時に悔しく思うけどホントにありがたい。

 人にこんな刺激とハリを与えられる人間、こういうのが目指すところなんだよなぁと改めて思い返してみた今日のヒトコマでした。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-11-12 05:25 | Kelloggライフ全般

とうとう来たか...

 雪の季節。多分これが初雪です。みぞれっぽくて積もる感じじゃなかったけど、強風に乗って顔面を打ち付けるあの雪の季節が戻ってきてしまった。本日の最低気温はマイナス2℃。

 これからビジットに来られる方は、東京での真冬の防寒具+αでいらしてください。
d0167076_1048226.jpg
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-11-11 10:48 | Evanston・Chicago

落ち着いた火曜日の夜

 明日水曜日はお休みで、木曜日提出の宿題を前倒しでできるという時間的ゆとりに幸せを味わい中。やっと日常が戻ってきました。

 そんなこんなでドタバタしている間に、来学期のBiddingが今日終わり、あと一ヶ月の今学期を終えるとKelloggライフも残すところあと2学期だけになるなぁ、と実感。来学期は極寒のため外で遊ぶことが出来ないので、勉強したかったけど手間ひまがかかりそうだなと思った科目(クオンツ中心)を履修予定。競り落としたのは4科目で次の通り。

1. Derivative Market I
 見たまま、デリバティブの入門授業です。Forward, Futureのプライシングから始まって、ブラックショールズに軽く触れるという程度らしい。これまでコーポレート・ファイナンスよりの勉強になっていたので、金融のなかでも少し知識の幅を広げようと思ってBid。

2. Investments
 こちらも見てそのまま、投資の授業。ポートフォリオマネジメントに始まり、かなりディープな話に突っ込むらしい。ワークロードが激しく重いことでも有名。去年とった先輩曰く、『スンゴイきつかったけど、CAPMの本当の意味がこの授業で分かった』とのこと。ううむ...楽しみ半分、恐怖半分。

3. Financial Report & Analysis 2
 合併会計、ヘッジ会計、年金会計、LBO会計等の込み入った話と、企業会計スキャンダル等の実社会との問題をブリッジするらしい。Kelloggのアカウンティングでは一番キツイ授業だとか。ちょっとやりすぎたかな...。

4. Competitive Strategy and Industrial Structure
 こちらは企業のアクションが他社の戦略にどんな影響を与えてその結果自社にどんな影響を与えるか、といったちょっとミクロっぽいリアクション・ファンクションを学ぶ科目。今学期は自分でケースを書いている先生が教えるということもあり、この期を狙い撃ちで履修。

 ということで、所謂MBAの授業とはちょっと違ったラインアップになり、Bidding pointも4科目で4点という省エネBiddingとなりました。ハンドリングしきれるかなぁ...。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-11-09 15:54 | MBA授業

忙しい時期をなんとか乗り切り

 乗り切りつつあるというのが正しいかもですが...。先週は中間テストが明けてからすぐに100ページのケース解析⇒ディスカッション、M&Aのプレゼンテーションに加えて、金曜日にはAsian Food Festival(昨年の投稿がこちら)。今日はTurnaroundsの授業のグループプロジェクトのペーパーの提出期限で、明日がM&Aのグループワークの提出〆切。その他ケースを大量に読み込むっていう感じのスケジュール感。充実しすぎてた部分もあり、ちょっと疲労が蓄積気味ですが、昨日日本に一時帰国していた妻も戻ってきて、段々と普段の生活に戻れそうな気がしてます。

 この2週間ちょっと、人から受ける刺激や人からもらう優しさでなんとか乗り切ってきた気がする。M&Aのプレゼンでは色んな人(みんな超忙しい)からアドバイスや意見をもらったり、妻がいない2週間はタイ人の友達が何度も自宅に招いて晩ご飯(しかも、いつもスンゴイ美味しい)を食べさせてくれたり。会社の同期や後輩がアプリカントとしてケロッグを訪れ、彼らと話をするなかで自分が今ここにいる意義を見直すことができて、またやる気を取り戻すことができたり。このクソ忙しい時期をほぼ終えて、改めてKelloggにいること、またKellogg外でも素晴らしい友達に恵まれてることの意義を痛いほど感じるのです。

 Kelloggでは、チームの力ってのが常に強調され、たまにそれに対して『???』って思うこともある。強い個なくして強いチームなんて成り立たないと日本にいたときは確信していたし、今でもやはりそう思うから。でも、確かにKelloggに来てみて、個人戦では負けない自信があっても団体戦では勝てないって奴らをたくさん見てきた気がする。これは本当にショッキングだったけど、僕にとって新しい収穫。そして僕自身も、個では成し得ないことがチームでは成し得るってこともいくつも体験してきた。そんで今再び、チームで居ることの良さを実感しつつ、またその皆に恩返しできるようになるべく、僕の個としての力も伸ばしていかんとな、と思うのです。

 徒然な投稿でした。明日くらいになれば、またユックリと眠れるといいなぁ。。。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-11-08 04:50 | Kelloggライフ全般

Executive Development Program

 KelloggのエグゼクティブMBAのことです。Kelloggは2年制MBAプログラムだけでなく、1年制プログラム、エグゼクティブMBAプログラムも世界で一流。むしろ、1YとExecutiveはランキングで大体1位になってると思います。

 ということで、今日はExecutive Programで学んでいる日本人の皆さまの学習サポートに行ってきました。商社をはじめ、日本を代表する企業で僕らより5~10歳くらい年上の方(本当に立派な方ばかり)が短期集中プログラムで勉強されています。英語面やケース解析のサポートということで、2年生を中心にMBA学生が翌日の予習を中心としたサポートをしており、今日がその1回目。

 実際にサポートさせてもらって感じたのは、僕らよりも年上で、社会的にも圧倒的に立場が高い人達にも関わらず、寝る間を惜しんでSocializingやらケース、リーディング・アサインメントを必死にやっつけているのに、自分が忙しいって言ってる場合じゃない、ってこと。貪欲にこの機会を活かそうと頑張ってらっしゃる姿は、本当に驚き。丸1日授業があり、さらに軽く飲んだ後に『さぁやるぞっ』ってノリで励んでいらして、良い刺激をいただきました。

 ということで、今は帰宅して夜の10時半。僕もこれからグループ・プロジェクトの調べものをやれるところまで終わらせます。気持ちが乗ってくると自然と眠気が吹っ飛ぶので、この勢いでガツンと片付けられるといいな。
d0167076_12412993.jpg
 最後にこの写真。これ、僕の名札なんですけど、口が裂けてもバイリンガルなんて言えないって分かってるので、これを見るたび少しだけ恥ずかしい気持ちに。。。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-11-02 12:43 | Kelloggライフ全般