一年でどれだけ上達したかな

 僕の英語の話です。誤解を恐れずに結論から言ってしまうと、もどかしい思いをすることが、来た時以上に増えた気がします。

 多分ですが、生活に必要な英語力ってのはもちろん身に付いたと思います。また、授業中のディスカッションで言ってることが分からずチンプンカンプンになることも相当減ったと思います。ただ、一年もいればそれなりにストレス無く話せるようになると期待していたので、それは大いに期待過剰だったんだな、と感じています。例えば、パブとかで音楽がガンガンなってる環境では人の英語の半分も理解できなくなりますし、カルチャーの話になると、これまた半分も理解できなくなります。

 そして、一年という期間を共に過ごすことで、やっぱり友達と話したい内容がドンドン溜まってくるのですが、その話したい内容の蓄積に、自分の英語力の向上が追いついていないように感じます。自分の鍛錬が足りないと言えばそれまでですが、『あそこの言い方が分かんなかったから、あの話できなかったぁ』ってことはチョコチョコとあって、悔しい思いを結構しています。

 ただ、最初はヘタクソすぎて自分の英語がどれだけヘタクソかすら分かってなかった状況だったので、それに比べれば大分よくなったと思いますね。英語って、アメリカにいれば自然と上達するもんだと思っていましたが、やっぱり自分で話す機会を作っていかないと上達は早くなりません。Kelloggはとにかくグループで物事を進めるカルチャーなので、この点はメチャクチャ助かってます。これはKelloggを選んで良かったなと感じる一つの要因にもなっています。

 ニガテな発音もだんだん理解できてきました。『LとR』や『BとV』。ベタですが、やっぱり通じない経験を数多く積んできているので、危機意識が高まります。最も苦手な単語は"Vegetarian"、VとRが両方入っているクセモノで、一発で通じた経験が一度もありません、苦笑。ベジタブルだけ食べる人のことだよ、と言ってようやく理解してもらえることもしばしば。くそーっ、少しでも通じない経験を少なくしてやろうという思いを強めている今日この頃です。留学での一番の大敵はやはり勉強でなく英語だったというのが率直な感想で、英語のImprovementが引き続き2年目の大いなる課題です。

 これから留学される方は、恥をかきまくってもとにかく話をすることが大事です。これは絶対です。悔しい思いをすることも多いですが、きっとブレークスルーが来ることを願って、お互いに頑張りましょう!!!
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-06-06 09:50 | 英語

はやくも

 早くも友達がEvanstonを離れ始めました。今日ランチタイムのハンバーガー屋にて、偶然KWESTの友達に会ったのですが、彼女は今日の午後にEarly Examを終わらせて、早速今日インターン先のNYに向かい、来週の月曜日からはもう働きはじめる、とのことでした。NYでの再会を約束して別れたのですが、いっこいっこ『一年が終わったんだな』という実感が湧いてきます。

 ま、試験が次の月曜と水曜に控えているので、あまりそんな気持ちに浸っている余裕はないんですけどね...。僕も気持ち良く仕事モードにシフトチェンジできるように、あとちょっと勉強頑張ります。ではでは。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-06-05 12:34 | Kelloggライフ全般

1年目の授業が終わりました

 本日を以って1年目の全ての授業が終了。あとは来週の試験2科目を残すのみとなりました。今は一年目を振り返りつつ、試験勉強でお尻に火がついている状況です。

 この一年、ホントに自分に対してのフラストレーションが溜まることもあったり、これまで自分のなかで絶対の正義だったものが『そうでない解があること』を知ることで自分がどうしたいのか分からなくなったりと、まぁ自分の中でホントに大きなパラダイム・チェンジがありました。とはいえ、これまでは見えなかったものが見えてきたことでの悩みなので、前向きに捉え、自分の将来の糧にしていきたいですね(このことについては試験終了後にジックリと書こうと思います)。

 上述の視界の広がりに加えて、得られたものは刺激的な仲間。ホントに忙しい毎日でしたが、日々メチャクチャに楽しかったです。そして、彼らから得られたものは、新たな視野に加えて、どんなに凄いやつらでも自分の人生と真剣に向き合い、自分の今後の進むべき道について真剣に悩んでいることを知れたこと。彼らの姿を見て、自分に何が出来るのか、何をしたいのかをこれまでになく真剣に考えるようになりました(このことについても、試験終了後にジックリ腰をすえて書こうと思います)。

 この一年間は、目まぐるしく新たな刺激が押し寄せ、それを受けて自分と向き合う毎日でした。こんな時間の使い方は、世界中からトップ・ビジネスマンが集うMBAでしかできないこと。最高に贅沢な時間の使い方だと思います。ここに居られる残り一年を使って自分が何をし、何を得て、そして自分の方向性をどう見定めるのか、徹底的に自分と向き合い、外からの刺激をより多く受け入れられるようにしたいです。まずは一年間、最高の仲間とKelloggという環境に『ありがとう』と言いたいです。
d0167076_13424579.jpg
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-06-04 13:44 | MBA授業

夏休みに向けた準備

 試験が来週にあるのですが、その後の夏休みの準備も平行して進めています。如何せん、2週間後からインターンが始まり、本当に久しぶりに働くことになるので、気持ちの準備が特に必要になってきそうです。

 こっちに来てからは毎日が驚くほど忙しく過ぎていますが、それでも眠くなったら一瞬仮眠するとか、仮眠が熟睡になってしまったら夜を徹してリカバリーするだとか、時間のアロケーションは比較的自由に決められているように思います。また、仕事をしている方からは非常に白い目で見られそうですが、毎日髭を剃るとか、スーツをピシッと着るとか、そういった一つ一つが気持ちの切り替えを必要としますね。短期間とはいえ、イチ学生という立場でなくイチ社会人という立場に戻るので、気持ちの準備だけはシッカリしておきたいと思います。

 気持ちの準備と同様に必要なのが、フィジカルな準備。家の確保やら航空券の手配等は無事済んだのですが、こっちに夏物のスーツを2着、シャツ3着しか持ってきていなかったことに気付き、若干後悔...。社費の方でも米国内でインターンをされる可能性がある方は、スーツやシャツ、あとできれば靴も余裕を持って持参されることをオススメします。

※ 先日投稿したSocial Security Numberが届きました。想定以上にチープでチッポケな紙キレだったので、これを大切にしろと言われても...という代物でした、笑。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-06-02 13:04 | Kelloggライフ全般

はや6月

 一年目のプログラムも来週の期末試験で終了です。たった今FinanceのFinal Write Upを追え、明日からは来週のFinalの勉強にシフト予定。ただ、試験が会計とオペレーションの2科目だけなので、テニスとゴルフも忘れずに挟みながらで、笑。

 本当にあっという間に全速力で駆け抜けてきた一年間。夏休みに振り返る際に自分に対して『良くやった』と言えるように、シッカリと兜の緒を締めなおして復習に努めたいですね。とくにこの春学期は課外活動を死ぬほど頑張ったので、最後にアカデミックも頑張って気持ちよく一年目のゴールテープを切りたいところ。

 話は変わりますが、昨日は2年生の送別会があり、友達のアパートメントのパーティルームにご家族も含めて総結集。徹底的に『アメリカン・フード』でもてなそうということで、大量のDeep Dish Pizza、バッファロー・ウィング、アメリカのビール等々で盛大にパーティでした。ずっとヘルプフルにしてくれた皆さんがご卒業とは、まだ全然イメージが湧かないのですが、一緒にいられる時間をとにかく楽しもうと、大量のお酒を飲みまくりました。最後のほうはほとんど記憶がないですが、笑。

 2年生を見ていて思ったこと、Kelloggでの思い出を本当に嬉しそうに、楽しそうに語る人ばかりだということ。これを見ていて、『最高の学校を選ぶことができたな』と改めて実感です。僕も1年目は思い出を本当にたくさん詰め込むことができましたが、2年目もトコトン充実した楽しい日々を送って、来年のこの場で楽しく思い出話ができればいいなぁ、と感じたのでした。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-06-01 16:09 | 雑感