Kellogg一年目の振り返り(Academic)

 さて、日々順調に仕事をしつつ、Blogの更新が滞っていましたが、忘れないうちに一年目の振り返りをシッカリしておかねば。ということで、アカデミックをしっかり振り返っていなかったので、今日はそれを。

 留学前にあったAcademicに関する2つのギモン。一つ目は『英語での勉強がとにかく不安。ついていけるのか非常に心配』、二つ目は『MBAで学ぶことなんて知れてるんじゃないか。仕事をする以上の知識・経験が身に付くのか疑問』。一年を終えての回答は、両方とも『Yes, and no.』でしたね。

 まず最初の英語について。やはりハンディキャップは存在するし、ネイティブのみんなと比べると同じ読み物をするにも2倍時間がかかります。また、とりわけQualitativeなグループ・ディスカッションになると、ディスカッションのスピード感についていくだけで精一杯になることも。ただ、これを恐れてても仕方ない、というのが結論。2倍かかるんだったら倍時間をかけて頑張ったらいいし(その分人より睡眠時間が短くなりますが…)、ディスカッションの前に議論のポイントを纏めてグループの皆に送っておくことで、自分の議論しやすい環境を作ることもできる、ということが途中から分かってきました。振り返ってみると、自分が望んで英語環境に来ているのに、英語に不安を感じて萎縮することは全く意味がなかったな、と反省気味です。

 そしてMBAで学ぶ内容についての疑問。これはまさしく『Yes and no』です。例えばバンカーがCorporate Financeを学ぶに際してビジネス・スクールが提供できるものは限定的で、職場の方が遥かに深い学びがあると思います。ただ、これって何を学びに来てるかのマインド・セットによるところが大きくて、自分の専門外の分野を学ぶには最高の環境だと思います。僕の場合も、例えばこれまで全く触れてこなかったオペレーションの授業を受けてみて、企業の生産活動の一端を垣間見ることができ、なんというか視野がグッと広がる経験でした。また同じFinanceの分野でも、Corporate Financeしか見てこなかった人にとってデリバティブやディストレストといったところは実は新たな発見がたくさんあるんじゃないかな、と思ってます。

 また、ビジネススクールの学びの中では、とくに必修の課目ではどうしても既知の内容の焼き直しになってしまう時があります。ただ、これも無駄じゃないというのが感想。グループ・ディスカッションを自分がリードし、みんなに英語で説明して分かってもらい、みんなに最終的に感謝される経験を積むことができるという、これはある意味非常に貴重な経験。

 と、ツラツラと書いてきましたが、最終的には『英語のハンディキャップはあるけど、頑張ったらちゃんと理解も貢献もできるし、そんなことよりもとにかく何かと新しい発見が多くて面白い』ってのが率直な感想。Academic以外からの学びも非常に多い環境ですが、本業の学業も相当に刺激的で面白いですよ。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-06-23 12:45 | Kelloggライフ全般

Weekendの過ごし方

 まだ二日しか働いていませんが、今日はオフ。NYに来てからようやく待ちに待った快晴の気持ちよい一日だったので、とにかくエンジョイしつくしました。

お昼からオニオン・グラタン・スープとビールでほろ酔いになり、
d0167076_115338.jpg
セントラル・パークを散歩し、
d0167076_1165742.jpg
You've got a mailで使われたカフェでお茶
d0167076_1182774.jpg
 平日にガッツリ刺激的な仕事をして、休日こんな風に過ごせるんだから、卒業後の職場はやはりNYが良いな、と思う今日この頃。職場界隈には日本企業のオフィスも多く、和食にも全く困りません。しかも美味しい!!卒業後の配属希望を少しずつストラテジックに考えていかねば、と思うのです。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-06-19 11:12 | NYC & インターン

ついに仕事開始

 お昼を食べると眠くなるクセを直さねば...と痛烈に思う今日この頃です。今日から仕事が始まり、日本人・アジア系アメリカ人・アメリカ人の混成チームに混じって仕事をさせてもらっています。初日なので大したこともせず早々に切り上げましたが、僕の思い描いていた『インターナショナルな仕事環境』にドンピシャだったので、思いのほかテンションが上がり気味。

 ということで、職業柄仕事の内容をあまり深く書くこともできない(別にスパイとかじゃないんですが...)ので、軽く今日の出社時に見えた風景をご紹介。朝15分くらい歩いて出社するのはちょっとめんどくさいなぁと思っていたのですが、なんとも贅沢な景色でした。

ロックフェラー・センターの脇を通り抜けて
d0167076_13444069.jpg
5番街をスルーして
d0167076_13462156.jpg
いざ職場へ
d0167076_13471657.jpg
(注)もちろん、僕の職場はUBSではありません。だとしたらこの写真使わないので、笑。

 冬場スケートリンクになっているロックフェラー・センターは、夏場はテラスになっていて夕方以降はビールとか飲めそうな感じでした。今度早く終わった日に軽く一杯飲んでいこうと思います。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-06-17 13:51 | NYC & インターン

明日よりインターン

 昨日NYに到着し、セットアップをササっと済ませ、今日はゆったりとNYを楽しむことにあてました。NYUのあるマンハッタンの南側を主に散策。この辺りは日本食の店も多く、若者が多くて活気があります。ミッドタウンに比べると人もやや少なくて、個人的には非常に好きなエリア。

 とはいえ、NYという街は、本当に賑やかでメチャクチャに人が多い。新宿駅東口かと思うくらいです。この点は賛否両論ですね。ただ、一つ完全にポジティブなのは、日本で当たり前のように触れられるものがこの街にはあること。久しぶりの味やお店に素直に感動したりします。

吉野家に
d0167076_10422034.jpg
一風堂
d0167076_1043182.jpg
ユニクロもね
d0167076_10433428.jpg
 これまでのお休みで鋭気は養ったので、明日からまずは頑張ってみます。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-06-16 10:47 | NYC & インターン

明日からNY

 いよいよ明日よりNYです。その前に是非しておきたかったこと。それは…ゴルフ、笑。NYにゴルフバックを持っていくわけにもいかないですし、仕事で時間も取れないので、今日マッハで行ってきました。

 今日は今月卒業するKelloggの2年生で、同じ学部で同じゼミに所属し、同じ会社に入り、Kelloggで一緒に学ばせてもらったという、なんとも不思議な縁の友達と一緒に回ってきました。Wilmetteという超高級住宅地にあるゴルフコースで、非常に綺麗なコースでした。これで1人$27(80円換算すると2000円強!!)というんだから驚きです。
d0167076_1134497.jpg
d0167076_11352422.jpg
 ラウンド中の話はKelloggでの学びの話、家族の話、今後のキャリアの話と尽きません。僕にとっては、この友達がいたからKelloggに興味を持ったというのもあり、本当にたくさんの刺激を受け続けてきた大事な友達です。これからもずっと続いていくであろう友達関係のなかで、彼と僕がこれからどういった人生を歩んでいくのか、とても楽しみですし、お互いにベッタリするというよりも、良い刺激を与え合える関係でいたいな、と思います。

 これで本当にお別れのイベントも含めたKelloggの一年目はおしまいです。明日以降も少しずつ一年目を振り返って気付いたことを書こうと思いますが、これからは新しい環境での仕事にリスク・フリーで挑戦するチャンス。シッカリと学び、力をつけてこられるように頑張ってきたいですね。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-06-14 11:36 | Evanston・Chicago

Thanks a lot 2nd year

 今日は午前中にTo Doとなっていた作業を済ませ、先ほど日本人の2年生3名とNon-Japaeseの2年生1人とテニス。4時から7時すぎまで、3時間の長丁場でしたが、バテバテになりつつも楽しいひととき。今日お会いした方々とは来年帰国するまでお会いできない可能性が高いですが、またお会いできるのを楽しみにとにかく一緒の時間を楽しませてもらいました。

 Kelloggの2年生に共通していると感じること。Kelloggを愛し、離れることを惜しみつつも、みんなが前を向いてポジティブにこれからのキャリアと向き合っているということ。もちろん、自分のキャリアについて迷いも悩みもあるんだと思いますが、『まずは自分のフィールドに行ってシッカリと活躍してやる』といった腰が据わったポジティブな気持ちが伺えます。

 自分もあと一年間、やれるだけのことはやったと思えれば、こういったカッコいいポジティブな気持ちでKelloggを去れるのかな、と感じました。まずはこれから訪れるInternship、そしてそのあとに訪れる2年目のケロッグライフを、トコトン楽しみ尽くしてやろうと思います。

 ケロッグに来てこんな先輩方や刺激的な同期に恵まれたのは、本当に幸せですね。これから卒業され、Evanstonを離れられる2年生の皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。
d0167076_11154079.jpg
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-06-13 11:16 | Kelloggライフ全般

Valueってなんだ?!

 夏休み2日目です。昨日は朝からThunderstormだったのですが、昼前には雨も上がって気持ちの良い1日でした。朝から免許センターへ行き、TVDL(非居住者向け一時免許)を本免許に切り換え、その後妻と打ちっぱなしに出かけ、夜には友達と飲み会。なんともリラックスした良い過ごし方でした。

 さて、本日は渡米後本気で考えることが多くなった、Valueについて。Valueとは、自分を支える根源的な価値観のこと。MBAのようにその後のオポチュニティが大きく広がる環境では、自分を正しく持ち続けるためにValueについて語られることが多いのです。僕自身、Valueってものは何となく自分では持っているつもりでいたし、とはいえそこまで深く考えることはなかったのですが、Kelloggに来てみて、人生の選択肢の幅の広さを知ったことで、改めて自分のValueについて考えさせられることが多くなりました。

 僕の場合、Valueというものについては、渡米したときよりも遥かにクリアになった気がします。色んなやつらと過去・現在・将来の話をし、自分なりに思うところをその度に整理していたら、『やっぱり自分にはこれが大事だったんだな』と再確認できたのです。これは非常にポジティブだったな、と思うところ。

 他方で、悩みが出てきたのも事実。これまで自分が歩いてきたキャリアってやつは、自らのValue実現の上での最善のものだと信じて止まなかったわけです。しかしながら、Kelloggに来て、友達たちが自分のキャリアについて真剣に悩み、今後のキャリアの再選択をしている姿を見て、また、色んな業界から来たエリート達からの刺激を受けるにつれて、『自分の今いるレールだけが唯一無二の道ではない』ということを知らされました。『井の中の蛙』が井戸の外に引っ張り出されて面食らったとでも言うんでしょうか。自分自身のキャリアについてここまで悩むことはあまりイメージしていなかったので、正直自分でもビックリしました。

 自分では、きっと最初に選んだ道が正しいという結論に回帰しそうな気もします。でもひょっとしたら将来のどこかの段階でキャリアの再選択をすることになるかもしれません。ただ、この悩みは自分が将来のキャリアを自信を持って歩むための試練だと思うので、真正面から向き合って悩み続けようかと思います。

 最後にこちらオマケ。昨日チラっと寄った学校のQSR (Quiet Study Room)。人影もなく、本当にQuietでした、笑。また、今朝は友達2人をO’Hare空港まで車で送っていったのですが、やはりずっと苦楽を共にしてきた仲間と離れるのは寂しいもんです。
d0167076_333205.jpg
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-06-11 03:35 | 雑感

1st year: ALL DONE!!

 今日Operations Managementの試験を受け、一年目の全てのプログラムが終了しました。ようやく、3ヶ月の長きに亘る夏休みに突入し、NYでのインターン開始までの1週間程度は完全なオフ。あまりB-Schoolでの生活とは関係ない日々を過ごすことになるのでBlogの更新頻度は未定ですが、備忘も兼ねて気付いた点をチョコチョコとアップしていこうと思います。

 まずは一年間を振り返る前に、今日はいま終わったばかりの今学期を振り返っておこうと思います。まずはアカデミック。前半はJapan Nightの準備でほとんど勉強が出来なかったですが、後半シッカリと学びなおし、全ての科目をシッカリと理解して終えられたと思います(成績は知りませんけど…)。

 今学期はFinancial Decisions、Operations Management、管理会計の3科目を履修。最初の2つ、Fin-DとOperationが個人的にはヒットでした。最初のFin Dはコーポレートファイナンスのケース解析の授業。週に2回ある授業のほぼ全てでケース解析の宿題が課されるハードコアな授業で、なおかつ課題は全てグループワークで提出しなくてはなりません。毎回5時間くらいを分析に当て、その後ディスカッション⇒Write upという結構大変な内容。でも、ディスカッションでは自分の普段見過ごしている論点がグループの友達からの指摘で浮き上がってきたりして、ただレクチャーで教えられるだけの授業より遥かに大きな学びがありました。また、グループの力学(シッカリやる奴、いわれればやる奴、やらない奴)が如実に浮かびあがる授業で、それが結構ストレスにもなりつつも楽しかったですね。

 Operations Managementは所謂オペレーションの授業。必修ということで、あまり期待値が高かったわけではありませんが、予想外のヒットでした。これまでのキャリアで企業の生産活動に全く触れてこなかったので、全てが新鮮で、一つ一つの学びが本当に楽しかったです。何というか、平たくいえば『学んでる』っていう実感が凄くあった授業です。シックス・シグマって何?とか、ボトルネックって何?といった状況から、通り一編の説明であれば理解できるまでに成長できたかな、と思います。

 課外活動では、なんと言っても今学期のハイライトはJapan Night(ご覧になってない方はリンクから内容を参照してください)。僕の春学期はこれに尽きると言ってもいいくらい大量の時間と労力を投下し、数多くのボランティアの助けを借りながら作り上げたイベントです。300名超の来客を誇るKellogg Japan Clubの一大イベントをマネージしたという経験は、僕のKelloggライフの本当に大きな大きな一ページになりました。

 今学期は、これまでのKelloggライフで最も充実した、楽しく過酷な一学期間でした。今学期をもってお世話になった2年生の皆さんが卒業してしまうのは本当に寂しいですが、来学期からは新しい9名の素敵な日本人を迎え、どう自分なりのリーダーシップをとっていけるか、また新しく、刺激的な挑戦が始まりそうです。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-06-09 06:08 | Kelloggライフ全般

真夏日

 Evanston、つい1週間くらい前から夏らしい陽気になったと思ったのですが、一気に暑い...。さっき午後4時ごろに気温をチェックしてみたら、36度もありました...。

 アメリカらしいのは、学校の自習室で勉強していると、冷房が効きすぎてて(多分22度くらいのイメージ)で、カーディガンが必須なのです。この夏から留学されるみなさんは、男の人も含めて、室内用の薄手のカーディガンを用意した方がいいです。これ絶対に。

 日本が節電・省エネで本当に智慧を絞って頑張っているというのに、なんという浪費国家なんだろうと少し飽きれますが、このアメリカって国が変わらないことには、エネルギー問題の根本的な解決にはならないんだろうな、と思います。この国、ゴミの分別すらロクにしませんからね、まったく...。

 とはいえ、今日は暑すぎるくらいでしたが、外が気持ち良い日が続いていて、なんとも過ごしやすい毎日です。明日で期末試験も終了。あと少しだけ頑張って勉強します。
d0167076_739086.jpg
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-06-08 07:40 | Evanston・Chicago

Final Examスタート

 一年目を締めくくる、Final Examが今日より開始。インターンで早期に帰国する人はEarly Examを受けてもう終了している人も多いのですが、急がない人は今日から試験です。

 今日の試験は管理会計。Japan Nightに奔走していたこともあり、中間テストであまり納得いく準備をできなかったので、ちょっと頑張って勉強しようと思っていた科目です。出来はまずまず、ゆとりをもって終了できました。試験の出来・不出来というよりも、シッカリとした準備を通じて学んだ内容を腹落ちさせられたのが自分のなかでの収穫。高い授業料をシッカリ回収できた感じです。

 今学期のFinalは2科目だけなので、残りは明後日のOperations Mangementのみ。夏休みという特大のご褒美を『馬のニンジン』のようにぶら下げ、あとちょっと勉強頑張ります。テストが終わってからNYに飛ぶまで一週間弱あるので、ゴルフもテニスもできそうです。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-06-07 01:49 | MBA授業