「ほっ」と。キャンペーン

週末にふと自分の生活を振り返る

 昨日はHot & Spicy祭りというものに参加。

 アジア各国の辛い料理を堪能するとともに、我々日本人チームもJapanese Curryをみんなに振舞い、おおむね好評だったと思います。ただ、昨日一番光ってたのは仲良しの多いタイ。ここのタイ・カレーは東京で1,000円取れるんじゃないかと思うくらいクオリティの高いカレーでした。

 あわただしく過ぎていく毎日で、今週末も例に漏れず課題や多数のTo Doをこなすことに手一杯になっていますが、ただ漫然とこなしてるのも嫌なので、今この生活をどの程度自分の身にできているか、振り返ってみました。

 概して見れば、まずまず無難にこなしている、というのが良くも悪くも僕の現状です。Academicもその他も自分のキャパがギリギリになるまで充実させられている気もするし、結構頑張ってると思う。けど同時に、忙しさのあまり成果物のクオリティに妥協が出てきてるのも事実。これは僕の一番の課題なので、大いに反省しなきゃいかんところです。

 大学の先輩や職場の先輩で僕が尊敬する人達は、こういうギリギリのところで最高のパフォーマンスを出せる人ばかり。徹底的に自分に厳しくできること、これが超一流の人達に共通する凄いところなんだと思ってます。彼らに半歩でも一歩でも近づくために今できることは、自分に妥協しないことと、やれるだけのことをやりきること、この2点かと。

 この生活を振り返ってみて、大して勉強を頑張りきれてもいないのに『MBAのAcademicなんて...』と総括するのは一番格好悪いし、勉強だけやって課外活動が充実してないのも同じくらい格好悪い。こうならないために、そして一段上に上るために、今という忙しい時間を一生懸命過ごす必要があるな、と改めて感じる本日でした。

 ということで、今回は自戒の投稿でした。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-02-28 12:34 | Kelloggライフ全般

Winter Quarter, 2 weeks to go...

今週も忙しくドタバタとしているうちに金曜日を迎えてしまいました。

そして、今日MarketingのFinal Write Up(Take-Home Exam)をもらって
気付いたのですが、今学期も残すところ2週間。本当にあっという間の一学期間です。
来週・再来週もGIMの詰めと試験対策、そして来学期に控える巨大イベント、
『Japan Night』の準備と最後まで休みなく一気に走りきらねばならなそうです。

今学期は学業以外でも本当に忙しかったですが、それを言い訳にしないように、
学びの部分もしっかり納得できるパフォーマンスを出さねば、と自分に言い聞かせつつ、
毎日の一分一秒を無駄にしないようにしなきゃいかんのです。

そして、明日はというと、夕方から各国が辛い料理を持ち寄ってパーティを開くという、
なんとも分かりやすいイベント、Pot & Spicy Partyなるものに日本はカレーで参加。
買出しを済ませ、タマネギ16ヶ、じゃがいも16ヶ、肉1kgを切り刻み、準備はOK。

遊んでいるんじゃないかって??そうかもしれませんね、笑。
けど、遊びやイベントが多くても、勉強も遊びもしっかりこなすのがKelloggらしさ。
仲間としんどいしんどいと言いつつモノを作る経験って、何物にも替え難いですね。

さ、今晩は片付けられる宿題を、片っ端からやっつけて就寝しようと思います。
ではまた。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-02-26 13:31 | Kelloggライフ全般

ケース・コンペティション

ケース・コンペの決勝が今日行なわれました。
先日投稿したとおり、我々日本人チームも光栄にもFinalistに選ばれたことから、
ここ数日夜中にプレゼンの練習をして、今朝10時前に行なわれた本番に臨みました。

本番はと言うと、当コンペのスポンサー企業からChairman & COOと事業企画の
担当者の面々が、Kelloggからも教授陣が来て、まさにこれは審査会、といった感じ。
ただ、練習の甲斐あって、みんなこれまでの練習の上をいく、ベスト・パフォーマンス。
プレゼンとQ&Aを終え、みんなそれぞれの用事をこなしお昼前に結果発表で再集合。

結果発表の様子はというと、Kelloggの教授からまずはスポンサー企業とFinalistの
みんなに感謝の辞が伝えられ、続いて企業の皆さんの自己紹介、そしてChairmanの
お話へと続いていき、最後に順位の発表という感じでした。

ということで、最後の結果発表で、3位~優勝が発表されたわけですが、
我々日本人チームは、なんと準優勝!!!!!!!
正直驚きましたし、期待以上の成績に、めちゃくちゃテンションが上がりました。

チームの3人が3人とも超忙しい時間を縫ってやりきったことも、嬉しさ倍増要因。
コンペは、習ったことや僕達のアイディアをビジネスに落とし込むという最高の機会を
提供してくれます。そして、机上の勉強と一線を画すこのイベントは本当に楽しいもの。
なので、どんなに忙しくても、一学期に1回くらいは、こういうのをやり続けたいですね。

ということで、今日はBlog上で嬉しい報告をすることができました。いやぁ、嬉しい!!!!
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-02-24 13:44 | Kelloggライフ全般

Leadership Experience

これを求めてMBAに来られる人って結構多いと思います。
今一年生の僕たちがやってるGIM Japanって授業は、まさに日本人がクラスのなかで
リーダーシップを発揮する最高の舞台。これは間違いないです。

どんなことをしたらより楽しめるか、どんな企業に訪問したらよりエキサイティングか、
どんなカリキュラムにしたらより多くのことを学んでもらえるか、こんなことを日々考え、
実践しているように思います。

Tripの出国を3週間後に控え、準備が本当にあわただしく、日々時間との格闘です。
1日が24時間しかないこと、1週間が7日しかないこと、2月が4週間しかないこと、
全てがとても短く感じられ、『もう少し時間が欲しい』と切に願ったりしています。
ただ、この生活で得られているのは、リーダーシップの経験も勿論なんでしょうが、
一番大きいのは他のリーダーと一緒にモノをゼロから作り上げていく経験だと思います。

みんながみんな寝る間も削って努力してる姿を見て、『負けてられない』だったり
『自分も力になりたい』と思って僕も努力して、結果的に絆が深まる。
もちろん『みんなに楽しんでもらいたい』という気持ちが原動力になっているのですが、
それ以上に学生リーダー内で受ける刺激や連帯感がホントに心地良く感じます。

まだまだ総括するには早すぎるし、やるべきタスクがいくつも待ち受けていますが、
今の時点で断言できること。
KelloggのGIMでリーダーをやること。結構しんどい仕事なのは間違いないですが、
最高の仲間(特に学生リーダー)と、強烈に濃い時間を過ごすことができます。
仲間の本当に良いところがよりクリアに見えてきて、仲間のことをより好きになれている
自分に気付いてちょっと嬉しく思う今日この頃です。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-02-22 17:29 | Kelloggライフ全般

雪から雨へ

今日のEvanstonは1日雨でした。そう、雪でなく雨なのです。
気温も氷点下に下がるはここのところ少なく、向こう一週間の天気予報を見ても、
最も下がってもマイナス6~7℃程度。どうやら一番厳しい時期は過ぎたようです。

春の訪れが非常に待ち遠しいと同時に、時間の経過の早さに衝撃を受けます。
もうGIM JapanのTripに発つまで3週間。もろもろのActivityも大量に押寄せ、
時間のプレッシャーが強烈に、容赦なく襲い掛かってきます。
全てのことを自分が望んでしているので、忙しさと付き合ってそれを通り抜けなきゃ
いけませんが、現状は以前想像してたのを遥かに越える忙しさです。

そろそろ年度末も迫ってきて、キリが良いところでMBA受験、という選択肢を
考え始めてる方も多いのではないでしょうか。
そんな方にお伝えしたいこと、Business Schoolは楽しようと思えばできます。
でも、魅力的な選択肢がいくつもいくつもあって、手を出すとやっぱり楽しいです。
その結果、東京で仕事してたとき以上に忙しくなっています。

B-Schoolライフを仕事からの2年間の逃避と位置づけたいあなた。
学校選びは慎重に行なってください。
B-Schoolライフを自分を最高にストレッチできる刺激的な2年間にしたいあなた。
Kelloggはそれに応えるすべてのものを提供してくれますよ。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-02-21 11:40 | Evanston・Chicago

来学期のBidding

の第一ラウンドが終了。第二ラウンドで時間の入れ替えをするかもしれませんが、
来学期の取得科目が本日決定しました。ざっと紹介するとこんな感じになります。

① Financial Decisions
- 毎授業にケースが課され、ケース解析をやりまくるというハードコア系科目
- テストがなく毎回のケース解析で成績が決まるので、Work Loadは相当ハード
- 個人的には夏休みのインターン前の目玉の科目なので、めちゃくちゃ楽しみです
② Managerial Accounting
- 管理会計の授業
- 収支管理の仕方など、全く土地勘が無かったためとっておきたかった授業
- 人から聞く数字を鵜呑みしない人間になるために、押さえておくべき、と思い取得
③ Operations Management
- 来学期唯一の必修となる、オペレーションの授業
- こちらも土地勘が無い分野なので、新しい学びが多そうな楽しみな科目
④ Successful Entrepreneurship
- 数多くのスタートアップがある中、成功の要素や企業家のマインドセット等を学ぶ授業
- 今後もFinance業界に居続ける予定ですが、企業家支援の立場としての学びに期待
- 暖かくなってきた気候も活かし、初めてのナイトクラス(6:30-9:30PM)です

ということで、来学期は比較的バランスの取れた履修になりそうです。
まずは目先の今学期の学びを最大化しつつ、GIMを大成功で終わらせたいもんです。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-02-19 12:31 | MBA授業

生活リズムの変化

日本にいるときは朝に比較的強かった僕。朝6時台に会社に行っても平気だったし、
深夜残業の翌日も朝7時とかに出社することが日常的だった気がします。

けど、日中で様々なアクティビティをこなし、夜溜まりに溜まったE-mailや宿題を
処理する生活に慣れてくると、自然と3時・4時まで起きていることが多くなり、
朝起きるのがさすがに辛くなってきました。
今も夜中の2時半ですが、ようやくマーケティングのグループワークに向けて
ケースを読み終え、やっと一段落といった感じ。

話は変わりますが、ケースってことで思い出しました。
一学期目の秋学期は、ケースというもんがあまり好きになれなかったんですよね。
わざわざクドクドとした文章を読まないといけないケースで学ぶよりも、ポイントを
カッチリ押さえるスタイルが好きで、ケースは適当に流してたというのが先学期の
僕の実態でした。
ひょっとしたら英語ができないことの、自分への言い訳だったのかもしれませんね。

特にFinanceをケースでやるなんてナンセンスこの上ない、と思ってたんですが、
今学期のFinanceのケースをやってみたら、面白いことこの上ないじゃないですか。
しっかり個別のポイントを押さえた上で現実への当てはめをすると、
楽しかったFinanceの学習がより立体的になって見えてきますね。ううむ、楽しい。

ということで、嫌いだからあんまり力を入れないと、結局好きになれないし、
得られるものも得られなくなることがわかったので、先学期のスタンスを猛省中です。
ケースを通じて学ぶ時に、しっかりと吸収できるだけの素地を作っておくように、
事前の準備をなるだけやってから、ケースに触れていきたいですね。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-02-18 17:38 | Kelloggライフ全般

ケース・コンペ

そういえば、書き忘れてましたが、こちらの投稿で少しだけ触れたケースコンペ、
日本人同級生2人とチームを組んで出場しておりましたが、なんとFinalistに進出。
学校で学んだフレームワークを駆使すると言うよりも、アイディア・ベースのコンペなので
どうなるか全然イメージが湧かなかったのですが、なんとも嬉しい知らせでした。

決勝戦は来週の水曜日、今週末は宿題を4本抱えて死んでしまいそうですが、
なんとか当日にベスト・パフォーマンスを出せるよう、時間を縫って準備したいもんです。

話は変わりますが、本日のGIM JapanはGuest Speakerがインフルエンザのため
来られず、やむなく休講に。残念なこと、この上ないです。
まだまだ体調を崩しやすい時期なので、皆さんご自愛いただき健康にお過ごし下さい。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-02-17 03:27 | Kelloggライフ全般

Karaoke Night

というイベントに行ってまいりました。

Asian Management Association (AMA)というクラブがホスト役で、
Kellogg Japan Club (KJC)がCo-Hostというイベントということもあり、
KJCからはDirectorの多くが参加。
Non-JapaneseのKJCメンバーまで来てくれるという嬉しい状況でした。

Kelloggからスクールバスで15分くらいのところにあるKorean Karaokeに行き、
大部屋3部屋を占領して総勢50名ほどで3時間近く騒ぎまくるというイベントでした。
中国、韓国、台湾、タイ、日本と、アメリカ人が入り乱れ、アメリカ、韓国、日本の
歌が飛び交う様子はまぎれもなくカオスDiversityに満ちたB-School。

あっという間の3時間でしたが、戻ってきたのは深夜1時。
そして現在深夜2時半ですが、遊んだ分宿題が溜まるのはMBA学生の宿命...。
今学期は最後の最後まで息をつく暇が無さそうですが、多分Kelloggライフで最も
忙しいのが今学期だと思うので、徹底的にこの忙しさとお付き合いしようじゃないか、
と思う今日この頃です。

では、明日も学校なので、早めに勉強を終わらせて早めにと就寝しようと思います。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-02-16 17:39 | Kelloggライフ全般

Valentine's Day

ここもと狂気の沙汰かと思うほどの忙しさですが、なんとかかんとかこなしています。
さて、こちらはまだ2月14日のバレンタインデーでございます。

日本では部署の方からの義理チョコをいただいておったのですが、
習慣の違いもあってそんなことはスッカリと忘れていたのですが、
今日、日本人同期の女の子がしっかりとチョコレートを用意してくれていました。

しかも、この界隈ではいっちばん美味しいPironというお店のチョコレート。
味が良いのは勿論のこと、なんと美智子妃殿下からのお手紙が飾ってあるという
由緒正しきお店で、いただいてテンションが上がったことは言うまでもありません。

いやぁ、カルチャーが違うところでこんな日本的に気の利いたことをしてくれるとは、
素晴らしい同期に恵まれたもんです。みんなありがとう。
d0167076_1411122.jpg
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-02-15 14:01 | Kelloggライフ全般