Bidding

中間テストが今日終わったばかりだというのに、
来週にはもう来学期の履修申し込みが始まります。

そう、アメリカっぽい、Biddingというやつを初体験するのです。
Biddingとは、日本で言う応札ですね。
各人がポイントをベットして、最低落札ポイントで全員が落札します。

まあ、取る予定なのはコア科目とGIM(リーダーなのでポイント不要)、
あとファイナンス1科目だけなので、熾烈な争いにはならないと思いますが。
とはいえ、同じコア科目の中でも数名の教授陣が教えていて、
教授別にBidding Pointが大きく違うという、何ともアメリカ的マーケット原理。

ビジネス・スクールの授業は極めてインタラクティブなので、
日本の座学系講義とは違って何百人収容、というわけには行きません。
なので、この制約下では、Biddingって最も平等なシステムなように思います。

どの先生の授業を取るか、そして何科目取るか、
夏までに取っておきたい授業を全て取り終えるために、
如何に効率よく、かつ、より良い先生の授業をピックしていけるか、
少し頭を捻ってストラテジックに考えてみようと思います。

何だかBiddingって、初体験なのもあり、ちょっと楽しそうですよね。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2010-10-29 12:11 | MBA授業

中間テスト 終了ーっ!!

初のテストウィークが先ほど終了。
最後の科目となったStrategyは、『なんとか英語を書ききった』というレベル。
いい点を取る自信は無いですが、とりあえず終わったという事実にホッと一息。

テスト後は、同じく今日テストを終えた日本人同期の友達と一緒にランチ。
テストの出来栄えはさておき、ひと仕事終えた後のランチはやっぱりGood。

ここ数日の勉強ガッツリな状況から解放され、日常トークに戻って思うこと。
『やっぱKelloggの同期って、ものすごい魅力的だ。』ってこと。
今日はバカ話をしてないんですが、バカ話抜きに話をしてるなかで、
これだけシンプルに楽しいなって思える環境って、とっても贅沢です。

極めて当たり前のことなんですけど、
皆には色んなものの見方があって、色んな経験があって...。
それを日常の中で共有できる。これがMBAの醍醐味の一つだと思ってます。
楽しんで話してるだけなのに、それによって皆の経験を追体験し、
自然と視野が広がっていくのを感じられるんですから。

さてと、明日からもまたKelloggの小忙しい毎日に戻るわけですが、
緩みがちな気をもう一度ピンと張り、兜の緒を締めなおして、
目一杯Kelloggを味わいつくす貪欲な毎日を送りたいもんです。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2010-10-29 04:42 | MBA授業

ご報告&ありがとうございます

さて、驚きの事実を発見したので、このBlogの読者の皆さんにご報告。
Excite Blogにはアクセスランキングなるものがあるのですが、
そのMBAっていうカテゴリで、アクセスランキング1位になりました。

こちらがその証拠画像
d0167076_758555.jpg

結構気の抜けた投稿も多いですが、それでも読んで下さってる皆さんのおかげです。
この場を借りて、お礼を申し上げます。ありがとうございます。

これからもKelloggの日常をこんな感じでアップして行きたいと思います。
まずはお礼だけ。皆さんいつもありがとうございます。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2010-10-28 08:05 | 雑感

中間テスト週間 終盤戦の動き方

あっという間に中間テストも3科目を終え、残すは明日のStrategy1科目。
その他のFinance, 会計、統計と違い、数字で勝負できない科目です。
英語が苦手な僕にとって、一番苦手、かつ一番学びが多い科目がこれ。

このStrategyのテスト、昨日試験用のケースが配布されたのですが、
『ケースについて、いくらでも話し合ってくれて構わない』という稀有な試験。
なのでザックリとケースに目を通し、論点をピックアップした上で、
夕方から友達とケース・ディスカッション。

友達とガヤガヤ議論して学ぶのって、座学より得るものが遥かに多いと実感。
夜に限りない時間を確保できる座学と違って、
指定された日時までに議論をできる頭の状態に持っていく。
これって時間管理しながら責任を果たしていく仕事にそっくりですよね。
なので、ディスカッションやグループワークは社会人的学び方なのかもしれません。

試験も最終盤ではありますが、何も勉強ばかりする訳ではありません。
今日のディスカッション前には、来週から冬学期の授業のBiddingが始まるので、
我らがGIM Japanを如何に売り込み、アピールするかの作戦会議。

どちらもOnなのでOnとOffの使い分けとはちょっと違いますが、
こうやって頭を切り替えながら数多くのタスクをこなしていくのも、
ビジネス・スクールの忙しい学生生活から得られることかもしれませんね。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2010-10-28 02:13 | Kelloggライフ全般

Windy City ~Chicago~

Windy Cityと呼ばれるChicago。
これまでそう感じることも無かったのですが、今日はその本領を発揮。
黄色く色づいた紅葉の葉も多くが吹き飛ばされ、
学校内やその周辺の歩道が黄色く色づきます。

冬がもうそこまで迫ってきている合図なんでしょうか。
当てにならないと有名なYahoo!天気も、木曜日にはー2℃まで下がると予想。
10月で氷点下って...。噂の厳冬の恐ろしさが徐々に迫ってきましたね。

気温が下がり、空気が乾燥し、風が強くなると日本と同様の心配事。
それを現すがごとく、夕方のEvanstonを大音量で消防車が駆け回りました。
どうやらただのボヤだったみたいですが、何事もなく過ごしたいもんです。
d0167076_7333665.jpg
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2010-10-27 07:35 | Evanston・Chicago

Career Goals

MBAを受験する中で、誰もが避けて通れない命題です。

ただ、僕の受験の中では、社費派遣でキャリア・チェンジをしない身分なので、
『こう出来たら良いなぁ』っていうキレイごとを論った感もあり、
Long Termのキレイな青写真を描くことに終始したというのが正直なところ。

ただ、ここもとKelloggの日本人同期の皆がBostonで獅子奮迅の戦いを見せ、
自分のキャリアを主体的に築いていっているのを横目に見ていて、
遅ればせながら、自分のキャリア・ゴールとしっかり向き合う必要を感じてきました。

派遣元で一緒に働いていた上司・先輩・同僚のみんなが本当に魅力的で、
かつ、日本経済の未来をリードしていける数少ない金融機関の一つなので、
会社を変えるというオプションは、今の僕にとってナンセンスですが、
やはり自分がどうなっていきたいか、これと向き合うことって大事ですよね。
(なので職場の皆さん、心配しないで下さいね。)

自分が将来会社を、そして日本の金融業界をリードする立場になるにあたり、
どんなスキルが必要とされ、そしてどんな経験を持っているべきなのか、
頭が擦り切れるくらい真面目に考えていくべき時期なんだな、と実感します。
結論にすぐ辿り着くとは思いませんが、『これでもか』ってほど考え続けることで、
Kelloggの一つ一つの授業、課外活動がさらに彩りを増してくれると思います。
ひいては、将来の自分の蓄えになってくれるんでしょうね。

まだまだ自分のキャリア・パスはボンヤリしたままですが、
まずはこれを考えるきっかけを与えてくれた、Kellogg日本人同期の皆に感謝。
声を大にして、『ありがとう』って言いたいです。
d0167076_1133627.jpg
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2010-10-27 01:15 | Kelloggライフ全般

ふと思うこと

最初に宣言。何の意味もないエントリです、はい。

Kelloggの学食に吉野家入らないかなー、ってふと思ったりします。
Kelloggに入らずとも、Chicagoエリアに進出しないかなー、って。
日本では当たり前にアクセスができ、有り難味を感じることは少ないですが、
あの価格であの味、よく考えたら物凄いことです。

アメリカ産牛肉が自由に手に入るアメリカなので、
吉野家のビジネスの展開もすごいしやすいと思うんだけどなー。
今のところ、(僕が知ってる範囲では)ハワイとNYでしか見たことないのですが、
アメリカ人も絶対好んで食べると思います。

と思い始めたら、猛烈にヨシギュウが食べたくなったのです。
テスト勉強からの逃避じゃないかって??多分正解です。
むむむ、3月に2週間ほど帰国することが決まったので、絶対食べてやるー。
d0167076_1039485.jpg
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2010-10-26 10:42 | 雑感

中間テスト 続報

今日中間テストを一つ終え、宿題形式(Web上で提出するやつ)を提出。
今学期の4科目中、早くも2科目を終えました。
出来はと言うと、ともにバックグラウンド柄コンテンツを心得ている科目なので、
まず問題なくできたんじゃないかなー、と思います。

如何せん、英語で読み、英語で回答するこのフローに時間がかかりすぎるので、
まだまだ英語を改善しないとなぁ、と痛感します。

明日一科目、さらに木曜日もう一科目で終了です。意外とあっさり。
このままうまく乗り切れるといいんですがねー。

さて、ここのところテストの話題ばっかりしてて、
『こいつNerdなんじゃねーの』って思ってるあなた、鋭いですね。
けど、多分学生ってこんなもんです。
皆が試験に一喜一憂する姿を見て、学部時代と一緒だなぁって思いました。
もちろん皆が勉強一辺倒にならないところがKelloggの良い所ですけど、
同時にアカデミックも高いレベルで仕上げて来るところもKelloggの良い所ですね。

さて、あとちょっと頑張って美味しいお酒を飲みたいもんです。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2010-10-26 06:43 | MBA授業

次男坊的 テスト前日の過ごし方

明日はとうとう中間テスト、今日は家に篭って勉強でしょうか??
貴重な時間を勉強だけに充てるなんてもったいない、という結論に。

結果Down Townシカゴにあるチャイナ・タウンにランチに行くことに。
渡米後、甘く味付けされたアメリカン中華しか食べていなかったので、
本格的な中華は渡米後初でした。
和食は家で、韓国料理も比較的手軽にアクセスできるのですが、
しっかりとしたチャイニーズ・レストランってなかなかないのです。

お店の内装:パンダの写真がナイス
d0167076_7231267.jpg
本格的な麻婆豆腐:日本以来の刺激的な辛さに大満足
d0167076_7232956.jpg
中華街
d0167076_72346100.jpg
大満足のランチでした。
さてと、しっかりと羽根を伸ばしたので、テストも疎かにならないように
ガッツリと勉強しなきゃです。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2010-10-25 07:30 | Evanston・Chicago

昨日から

日本人のMBA学生がBostonに大挙しているはずです。
Boston Career Forumなるイベントがあるらしく、
私費組を中心に、サマー・インターンやフルタイム・ジョブを求めるMBA学生が、
MBA学生を採用したい企業とのセッションに臨んでいるようです。

幸か不幸か社費組の僕はEvanstonにてお留守番。
来週の中間テストに向けてやることがあるとは言え、
大勢の友達がいない状態ってのは、なかなか寂しいもんですね。

ということで、お決まりのようにタイ人の友達とつるんで
日系スーパーのMITSUWA⇒山頭火のラーメンを案内。
ラーメンやMITSUWAで買えるケーキ等に喜んでもらえたみたいで、
やはり日本のものを好きになってもらえると嬉しいです。

はい、実を言うと昨日の夜も、Evanstonでお留守番の日本人同期に加えて、
彼らタイ人と晩御飯をウチで食べてました。つるみすぎですね、はい。

さてさて、まだまだ今は夜の7時15分すぎ。
これからまたタイ人の友達の家に行って、一緒に勉強しきます。
やっぱりKelloggの学生って、群れるのが好きなんでしょうかね。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2010-10-24 09:19 | Kelloggライフ全般