免許更新&国際免許

来年免許が切れてしまうので、期限前更新の手続きを済ませてきた。

気付いたのは、手続きが相当簡素、かつスムーズだってこと。
ゴールドなんですが、『更新以降、事故・違反はありましたか?』と聞かれたのみ。
交付までの1時間くらいで、しっかり履歴を調べた上で発行してるのか。
結局、免許の更新と国際免許の取得合わせて2時間かからないくらいで完了。
日本の公共サービスのオペレーションは世界レベルですな、ホントに。

非常にスムーズ、かつ早く終わったので、今日はおしゃれランチ。
白金のImakara。写真はテラスにてパチリ。
ご飯はどれも美味しいんですが、とにかくオシャレ♪
d0167076_21215264.jpg

-----------------
[PR]

by Jinan-bou | 2010-07-06 21:21 | 出国まで

Count Down ~出国まであと2週間~

再来週の月曜日に出国予定なので、日本での生活も残りちょうど2週間だ。
学校関連やインフラ等の手続きも事前に進めては来たが、だんだんとドタバタしてきた。
あと少し、抜かりなく手続きを進めつつも、
日本でお友達に可能な限り会って、親睦を深めてから渡米したいものだ。

最近、1ヶ月ほど早い出国をした友達が回してくれるMLや、
彼らのBlog等の記事をチェックしてみると...
 - iPhone関連
 - プロスポーツ関連
 - Extracurricular Activity
こういった話題が圧倒的に多い。今のところだけど、やっぱり多い。

ううむ。Academicの話題を聞くことがほとんど無いのは、
(1) そんな野暮な話題は、敢えて口にしない
    なのか、
(2) そんなに重くない  
    なのか...。

サマーって、相当楽しいものなのかもしんない...。って思い始めてます。
実際のところ、どうなのかしら。(>もう始まってる皆さまへ。)
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2010-07-05 16:10 | 出国まで

私事ですが...

本日が妻の出社最終日。4年3ヶ月の勤務、お疲れさまでした。

退職するという決断、一緒に渡米するという決断...。
ややもすると当たり前のように捉えがちなんですが、
大変に大きな決断を、笑顔でしてくれているんだと思います。
そんな彼女には、心からの『ありがとう』を伝えたいですね。

まずはこれまでのお仕事の労をねぎらうべく、
『どこかに食事に連れて行く』か『料理を作る』かで悩ましいところです。

以上、私事でした。

---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2010-07-02 17:46 | 出国まで

Chicagoという街

全米No.3の大都市だが、NYやLAに比べて地味。
というか、日本人にとってあまり馴染みのない街といった方が的確だ。

そう、それは我が故郷、名古屋に似たものを感じるのです。
東京/大阪という二枚看板の影となり、なかなか陽が当たりづらいのだ。
しかしながら、大都会なのに非常に暮らしやすく、文化的にもとてもマチュアだ。
東京/大阪/名古屋の3都市に住んだ経験のある僕ですが、名古屋が1番好き。

そう、Chicagoにもこれと似た良さがあるのです。
昔父親がChicago近郊のArington Heightsに単身赴任していたことがあり、
毎年夏休みの1ヵ月半をChicagoで過ごしていたのですが、
感想としては、『非常に住みやすい大都会』という印象(真冬以外)。

大人が本当に楽しく過ごせる街だと思います(真冬以外)。
- Downtownでも街がきれい
- フランク・ロイド・ライトはあまりに有名。街全体がシカゴ建築の美しさでいっぱい。
- Bluesを聞くなら間違いなくChicago
- オーケストラも有名らしい(NY, Bostonに次ぐ知名度とか)
- プロ・スポーツも全て揃ってる
- 日本人コミュニティがしっかりしていて、ミツワ等日本食材へのアクセスも良い
d0167076_15424443.jpg

どこも住めば都でしょうけど、もう少し人気の街であっていいのに、と思います。

こんなChicagoへ30分でアクセスできて、かつ、
安全でNetworkの強いEvanstonの学生街での暮らしを両立できるって、
Kelloggに決めて大変ラッキーだったと思います。

---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2010-07-02 15:48 | Evanston・Chicago

中国語の学習

Internationalなビジネスマン、とりわけアジアを本拠とする日本人にとって、
中国語が不可欠な時代が、そう遠くない未来に来るだろう。

事実、香港大学MBAではサマー・スクールにおいて中国語の学習をするらしい。
こちらのブログを見ると、大変臨場感が伝わってくる。

過去を振り返って比較してみると、日本の大学での第二外国語の学習というのは、
本当に上辺だけで全く意味が無かった。少なくとも自分の場合はそうだと断言できる。
僕はスペイン語を履修していたものの、
覚えているのは自己紹介と『Cerveza, por favor. (ビールください)』くらい、笑。

自戒の念もこめて言うと、どうせ日本の大学生の99%はロクに英語も喋れないのだから、
第二外国語なんてやらずに、目一杯その時間を英語学習に当てても良いと思う。
中国語/スペイン語の学習はその先にあるものなんじゃないかな、と思います。
(もちろんやる気のある学生に対して、履修の門戸が開かれていることは重要。)

ということで、まだまだではありますが、英語がやっと人並みになってきたので、
僕は中国語の学習を開始しようと思います。
今夜はとある場所で『ロン、チー、ポン』と、中国語でのグループ・ワークをしてきます。
(前フリが長すぎました...すいません。)

------------
↓今日から広告が入ったみたいです。個人的には、何とか許容範囲内です。
[PR]

by Jinan-bou | 2010-07-01 16:15 | 出国まで