カテゴリ:雑感( 55 )

あけましておめでとうございます

 ここEvanstonでも2012年が訪れました。さっきまで我が家で大晦日が誕生日の同期の誕生日会兼New Year Partyが行なわれ、20人以上が我が家に集結してたんじゃないかな。周りの家の皆さん、騒がしかったらごめんなさい。

 Kelloggでの生活も残り半年、こんな素敵な仲間達と少しでも多く楽しい時間を共有できれば、と願ってます。皆様にとってこの一年が実り多き、素敵な一年になることをお祈りします。

 A Happy New Year!!!! では、おやすみなさい♪
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2012-01-01 15:36 | 雑感

大晦日

 日本ではもう大晦日、駆け足で走りぬいた2011年も終わりですね。卒業、おしまい、新たなスタート、帰国、別れ、そして再会...。沢山のキーワードで彩られそうな2012年が来るのが、楽しみでもありつつ、まだ来て欲しくない気持ちもあり、なかなか複雑です。

 2012年、皆さんが、そして僕自身も新たな一歩を力強く踏み出せる、そんな年になればと願ってます。それでは皆さん良いお年を。See you all in 2012!!
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-12-31 14:35 | 雑感

帰還

 たった今、ブラジル&ニューヨークの旅から戻ってまいりました。また明日から記事をアップしていく予定です。では、おやすみなさい♪
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-12-28 14:16 | 雑感

Facebook

 日本でも流行ってるみたいですね。最近日本の友だちからのFriend Requestがすごく増えた気がする。去年くらいまではこっちの友達が大半で、日本人だと海外に出てる人からのリクエストしかなかったのにブームってすごい。

 そんで日本で、友達の周りで何が起こってるかを日常的にFacebookで見られるようになり、逆に日本の友達に会いたいなとよく思うようになった。よく日本のラーメンの写真をアップしてくれてる友達がいて、それを見ると一緒にラーメンすすってた大学時代をしみじみと思い出すとともに、羨ましすぎて悶絶しそうになる。できれば臭いだけでも運んで欲しい、笑。

 日本の友達もそうやって海外にいる友達のことを思ってくれていれば嬉しいかぎり。留学生活が残り半年間しかないってのは『なんでっ』ってくらいに短く感じるけど、戻る場所も同じように大切で、メチャクチャに恋しく思う今日この頃。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-11-28 05:51 | 雑感

留学とは

長期の海外旅行に、勉強が一緒に付いてくるパック旅行で​す。

 これを見たのが9月くらい、中学&高校の先輩にFacebook経由で紹介されてたのがきっかけで目を通したもの。メチャクチャ気楽な感じと一生懸命な感じが共存してて面白い。フルでご覧になりたい方はこちらからどうぞ

 ゆるい人が書いてるのかと思いきや、これを書いたのがStanfordのPhDの方で、これを紹介してくれたのがHarvardでPhDを取得して今はMITでポスト・ドクターをやっている方。はい、とてつもなく頭の良い人たちですね。

 何が言いたいかっていうと、今は留学に命をかける必要もないし、崇高な理想を追い求めるための留学である必要もないってこと。新しい出会いがメチャクチャたくさんあって、日本にいたら触れることができなかったであろう刺激にかなりの頻度で触れることができる。これに対して今の仕事以上にワクワクしたら、留学してみるのがいいんじゃないかな、って思うのです。(費用の話とか、GMATの話とかは置いといて...)

 そして、この記事に完全にAgreeなのは、将来の人生観ってのも別にもっていなくて良いんじゃないかな、って思うこと。持ってたら持ってたで素晴らしいけど、それに人生を縛られる必要もないかな、とも思う。数年後自分がやっていたいことを見つけ、それに近づくために今ある環境で一生懸命頑張ってみる。実際に来てみて思うのは、これが一番価値があるように思うし、それを可能にする環境がバカみたいに沢山整備されてるのがアメリカの(少なくともトップ校とされる)大学だったりするのです。

 僕も将来やりたいことはまだボンヤリしていて、それを探しながら『これじゃないかな』って思うことに顔を突っ込んで頑張ってみたり。過去の仕事や人生観ってものに縛られることなく、自分の道を自分なりに探すことができるのが留学かな、というのが来てみての実感。そして何よりもメチャクチャに楽しいってのもMBA留学の特権。どこの学校ってのは関係なく、この素晴らしい2年間を過ごす日本人の方がもっと増えて欲しいなと思うのです。

 今踏ん張ってる受験生の皆さんはもう一息ですね。意気込みすぎず、自分なりのペースで良いので、頑張って下さいね。ハチャメチャに楽しい2年間がもうすぐそこに待ってますよ。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-11-27 06:35 | 雑感

夢劇場 閉幕

 かなりタイミングを逸した感はありつつも、中日ファンの僕として、大事なイベントだったので。先日Softbankホークスの日本一で幕を閉じた日本シリーズ。SBファンの皆さま、おめでとうございます。僕としては、落合監督の花道を飾れなかったのがただただ残念。でも、アメリカからだと速報とかでしか見られないけど、7試合の全てが味わい深くて良いシリーズだったみたいですね。そして、とにかくソフトバンクが強かった。これに尽きます。

 なんでタイミングを逸したこの時期にこんな投稿をしているかというと、この落合カントク、幼い頃の僕のヒーロー。僕が中日を応援し始めた6歳のころ、ロッテから世紀のトレードでやってきてその直後の'88年のリーグ優勝の立役者に。巨人にFA移籍したときには心から悲しみ、彼が中日の監督として戻ってくると分かった8年前には心から喜んだ、そんなヒーロー。この動画、ずっと見てられます。

 口下手で社交はお世辞にも上手とは言えない人間ゆえ賛否あるところだけど、自分が責任を全部被り、負けが込んでも誰一人として選手を悪く言わず、部下である選手を余計なプレッシャーから解放して自分のためにプレーさせるっていうスタイルは、人間としての完成された器を感じさせる、素敵なもんだなと思って見てました。

 話が少し飛びますけど、この落合さんのマネジメントスタイルを見ていて、(ちょっと違うんだけど、)仕事で役員さんにギャンギャンに怒られたとき、真っ先に飛んできてくれて隣で一生懸命一緒になって怒られてくれた元上司を思い出します。この上司も、普段は全然僕のことを褒めたりしなかったけど、メッチャ頑張った時には絶対に見てくれていて、シッカリ褒めてくれた。こういう人が上司だと、部下って『この人のためになら死ぬほど頑張れる』って思うんだよなぁ、としみじみ。

 話が行ったり来たりしてますが、落合さんが監督をしていた8年間、中日ファンの僕はメチャクチャに幸せでした。それだけに今回の解任は残念で仕方なかったなぁ...。でも、またどこかの球団で、落合さんの素敵な上司っぷりが見れるのを楽しみにしてます。それがまた中日だったら尚最高ですね。まずは夢のような8年間をどうもありがとうございました、というのが落合さんに対するメッセージです。

 ということで、留学と1mmも関係のない投稿でした。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-11-26 15:58 | 雑感

Stay Cool

 友達がFacebookでシェアしてた写真。すんごいナイス。
d0167076_539523.jpg
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-11-12 05:39 | 雑感

HEADS UP

 これ、工事現場なんかで『注意してね』って意味。転じて、シャキッとね、とかそういう意味もある。でも、なんだかポジティブな感じがして好きな言葉。

 なんでかなぁ、と思ってたら、中学ではじめたテニスのことを思い出した。僕の通ってたテニススクールのコーチが口を酸っぱくして言ってたのが、『下を向いてたらドンドンとネガティブになるから、悔しい時ほど上を向かなきゃ。』ってこと。それ以来、しんどい時ほど上を向いて、空を眺めて自分を落ち着けるのが癖になり、社会人になって8年目の今でも滅入ったときの気分転換に使ってるのです。

 人って不思議なもんで、下を向いてる時って何にも良いアイディアが思いつかないし、逆にポジティブに考え事してる時は、どこか上を眺めることが多い気がする。もちろん全部僕の話なので、そうでない人もいっぱいいるんでしょうけど。

 受験生の方はこれから追い込みシーズン。GMATの後に麹町の町を眺めるより、1回空を眺めてみてください。ちょっと気持ちが楽になります。インタービューが終わるたびに、また1回空を眺めてみてください。ちょっとスッキリしますよ。

 なんでこんなこと書いてるかというと、勉強がやや煮詰まり気味...。僕もHeads Upしてがんばります
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-10-24 12:34 | 雑感

タイでの洪水のこと

 3月の地震以降、Kelloggで多くの友達に心温まる言葉と沢山の寄付をもらったことがまだ記憶に鮮明に残っていますが、皆さんご存知の通り、今タイで大変な洪水被害が起こっています。

 同級生の多くが心を痛め、タイ人の友人を思うと僕もメチャクチャに辛い気持ちになります。このBlogを読んでくださっている皆さんが何かしらを感じ、微笑みの国に笑顔が舞い戻ってくるよう、今できる協力をしていただければ嬉しいです。

 今日はお願いを込めた投稿でした。
d0167076_5293360.jpg
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-10-21 05:29 | 雑感

Valueってなんだ?!

 夏休み2日目です。昨日は朝からThunderstormだったのですが、昼前には雨も上がって気持ちの良い1日でした。朝から免許センターへ行き、TVDL(非居住者向け一時免許)を本免許に切り換え、その後妻と打ちっぱなしに出かけ、夜には友達と飲み会。なんともリラックスした良い過ごし方でした。

 さて、本日は渡米後本気で考えることが多くなった、Valueについて。Valueとは、自分を支える根源的な価値観のこと。MBAのようにその後のオポチュニティが大きく広がる環境では、自分を正しく持ち続けるためにValueについて語られることが多いのです。僕自身、Valueってものは何となく自分では持っているつもりでいたし、とはいえそこまで深く考えることはなかったのですが、Kelloggに来てみて、人生の選択肢の幅の広さを知ったことで、改めて自分のValueについて考えさせられることが多くなりました。

 僕の場合、Valueというものについては、渡米したときよりも遥かにクリアになった気がします。色んなやつらと過去・現在・将来の話をし、自分なりに思うところをその度に整理していたら、『やっぱり自分にはこれが大事だったんだな』と再確認できたのです。これは非常にポジティブだったな、と思うところ。

 他方で、悩みが出てきたのも事実。これまで自分が歩いてきたキャリアってやつは、自らのValue実現の上での最善のものだと信じて止まなかったわけです。しかしながら、Kelloggに来て、友達たちが自分のキャリアについて真剣に悩み、今後のキャリアの再選択をしている姿を見て、また、色んな業界から来たエリート達からの刺激を受けるにつれて、『自分の今いるレールだけが唯一無二の道ではない』ということを知らされました。『井の中の蛙』が井戸の外に引っ張り出されて面食らったとでも言うんでしょうか。自分自身のキャリアについてここまで悩むことはあまりイメージしていなかったので、正直自分でもビックリしました。

 自分では、きっと最初に選んだ道が正しいという結論に回帰しそうな気もします。でもひょっとしたら将来のどこかの段階でキャリアの再選択をすることになるかもしれません。ただ、この悩みは自分が将来のキャリアを自信を持って歩むための試練だと思うので、真正面から向き合って悩み続けようかと思います。

 最後にこちらオマケ。昨日チラっと寄った学校のQSR (Quiet Study Room)。人影もなく、本当にQuietでした、笑。また、今朝は友達2人をO’Hare空港まで車で送っていったのですが、やはりずっと苦楽を共にしてきた仲間と離れるのは寂しいもんです。
d0167076_333205.jpg
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-06-11 03:35 | 雑感