カテゴリ:Kelloggライフ全般( 169 )

Beautiful Day

 今日の最高気温:15℃。まるで日本の春のような陽気です。

 さて、昨日プレゼンも無事終わり、あとはペーパー一本と試験3本。まだあとひと息、頑張らねば、ですね。クラスメイトのプレゼンを見て思ったこと、こいつら上手いなぁ...ってのが正直な感想。みんなそんなに練習してる感じもなければ結構大急ぎでプレゼン資料を作ってたのに、あの場に立ってみるとホントにシャキッとしててカッコいいプレゼンをする。日本語でもこんなに上手くできないな、と素直に感心します。僕はというと、比べたら幼稚園児みたいなプレゼンになっちゃうけど、みんな良い奴なのでGood Questionsを沢山飛ばしてくれてまぁそれなりに盛り上がってました。とはいえ、学びがホントに多い反面、自分ももうちょっとシッカリやれるようにならなきゃな、と思うのでした。10分の個人プレゼンってのは考えてみたら過去最長の英語プレゼン。シッカリとコンテンツを繋いで話をすることの難しさを実感できたのは収穫かな。

 こちら今日の外の様子。半そで・短パンの気が早いネーチャンが1人いましたね。とはいえ、こんなゴルフ日和、試験前のドタバタした時期でなきゃよかったのに、とちょっと損した気分です。
d0167076_2531569.jpg
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2012-03-07 02:53 | Kelloggライフ全般

地味な生活中

 来週が冬学期の最終週。今日は雪がちらつく中、買い物を済ませてせっせと作業に勤しむことに。今学期の宿題らしい宿題は全て終わったんですが、来週の月曜と木曜にプレゼンが一本ずつ、土曜日から試験って感じのスケジュール感。

 月曜日のプレゼンは個人プレゼン、かつ10分。結構長いかと思いきや、あれもこれも喋るととてもじゃないけど時間が足りない。プレゼン自体はGradingに全く関係ないといわれつつも、ついつい手抜きができない性格。PPTもキレイに作りこまないと気がすまないんです。職業病かな、とも思ったんですが、多分違うな、と。『コイツしょぼいな』って思われるのは仕方ないんですけど、『コイツ手抜きしてんな』って思われるのが絶対に嫌なんだな、ってのが分かってきました。分かってるんですよ、プレゼン用のPPTを僕くらい作り込む奴はいないってことも、僕よりプレゼン自体がヘタクソなアメリカ人なんて誰一人いないってことも。でも、『コイツ頑張ったな』ってのだけは示しておかんといかんですよね、これだけです。

 そんな乾燥してそうな毎日を過ごしてますが、今日は買い物のついでにChicagoでイチバンといわれてるホットドッグのお店Portilloへ。見てお分かりの通り、Chicago Style Hot Dogと言われ、上にトマトやらペッパーが乗ってます。確かに美味しかった♪この他に、とろけたチーズにポテトをディップして食べるというなんとも不健康なフライも。これがメチャ美味かった...
d0167076_13591449.jpg
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2012-03-04 14:02 | Kelloggライフ全般

アメリカ人から見た日本企業

 昨日のお話。通学途中でゴルフのベストスコアが70台という、つわものアメリカ人に出会い、一緒に学校まで。そこで出た話が日本の製造業の停滞について、ってもの。ちょうどおとといのEconomistにそんなような記事が出ていたらしく、ちょうど僕に聞きたかった、とのこと。ううむ...できれば違う日本人に出会っていただきたかったですが、仕方ない。鋭い質問を覚悟して話しに望むことに。

 彼の興味はかつてInnovationの代名詞であったSONYの地位低下、Panasonic、富士通といったかつての電機業界の主たちが何故こうも後手後手に回ってしまってるんだろうか、ってところ。彼は日本企業のイメージとして強いセクショナリズムってものをイメージしていて、これが高いテクノロジーを活かしきれていない根源にある理由なんじゃないか、って話でした。サムスンなんかは日本の電機企業の二の轍を踏まないよう、もっとクロス・セクションのチーム編成で開発にあたってるぞ、ってところまでご指摘。

 サムスンがInnovativeかどうか、とか、今後日本企業と同じ道を歩まないかどうか、ってのは置いておいて(←僕はちょっと懐疑的なので)、日本企業の根源にある問題についてはぐうの音も出ないご指摘。僕はメーカー出身じゃないですが、でも日本企業のセクショナリズムってのは『なんでこうなるかなぁ』って思うところが多いですね。これはどの部の仕事だとかって所謂な縦割りの仕事分担は当たり前で、隣の部の部長に印鑑を貰いにいくのにまずは課長に話をして、部長にようやく辿りつく、それに要する時間が2時間とか平気である訳で、この手の立ち回りを覚えないと生きていけません。そして、別にスキルがついた訳でもないのに、この辺の立ち回りができるようになると、なぜか『できる社員』扱い...。そりゃ煩わしい社内外交を避けて自分の目の前の仕事に集中したくなる気持ちも分かります。だから社員の視野も狭くなるわけですね。

 あんまり短絡的な答を出すつもりもないんですが、終身雇用ってこれと関係してるんですかね??と思うのです。長期に亘る雇用が前提で、ピラミッド型のヒエラルキーが存在してて、だからこそ部長さんやら役員さんやらが『自分のお城です』って竹垣みたいなのを作りたがるのかなって。自分の居心地の良さを追求することが組織全体にネガティブなExternalityを及ぼしてるなんてことはそんなに気にせずに。だとすると、物理的にパーテーションの無い職場環境にするとか、こういった小手先の手法って殆ど意味が無いなぁとも思うのです。こりゃ根深いなぁと思うとともに、風通しの良さのために必要なもの、またあっちゃいけないものって何なんだろうって思いをはせてたりします。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2012-03-03 13:09 | Kelloggライフ全般

KIS

 ステキな響きですが、Kellogg Information Systemの略です、残念ながら...。地味にこのサービスが素晴らしいので今日はこの話題。

 Kellogg PCユーザーなのですが、僕の強烈なタイピング圧力に屈したのか最近『M』と『→』がワークしなくなり、また、たまにドライブが一瞬落ちてまたすぐに復旧するといった事態が起こっていたので、今日はこのKISに。12時までの授業が終わってすぐに行って、『3時からのミーティングの下調べをしたいからなるべく早く直してくれ』って若干無茶なお願いをしたのですが、お昼を食べて1時ごろにいったらカンペキに直ってるじゃないですか。キーボードが全部新しくなってるのに加えて、エラーが起きてたソフトも全部アップデートしてあり、さらに汚れが目立ってたモニターとかも全部クリーンアップされて戻ってきました。Kellogg生はKelloggにいる間はモチロン全部無料でこのサービスが受けられます。

 とことんメカに弱い僕ですが、ITリテラシーの無い学生にも親切対応のKIS、かなり好感度高めです。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2012-02-28 04:39 | Kelloggライフ全般

Presidents Day Sales

 ThanksgivingのBlack Fridayと比べるとさほど大規模なセールスじゃないけど、TVをつけるとどこもPresidents Day Salesの広告をバンバンやってます。ということで、久しぶりにちょっと長めのドライブでShopping Mallへ。AuroraというEvanstonからハイウェイ使って一時間ちょっと西のところにある、プレミアム・アウトレットへ。御殿場とかにあるのと同じ会社が運営してるやつです。こんな位置関係。
d0167076_12255215.jpg
 今年のシカゴの冬らしく、今日もびっくりするくらいの暖かさ。なので屋外のモールでも全然問題なく買い物できました。社会復帰を見越して革靴を買ってしまうあたり、知らず知らずのうちに実社会を意識しはじめてんのかなー、と実感。シカゴエリアでは一番おっきなアウトレット・モールなんだけど、NY(NJかな)のそれと比べるとやっぱり規模も小ぶりで、奥さまは若干不完全燃焼だったかも。ま、また行きましょう。

 こっちのショッピングモール、すっごく安くて多分ブランドの幅も日本より広いけど、NYでもChicagoでもメシがまずい...。ハンバーガー、中華料理のプレートランチと訳の分かんない和食もどきみたいなのが売ってて、こりゃイカンなという感じ。『御殿場にはカプリチョーザ入ってたよね』と奥さまがひと言。あったら絶対通うのに...。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2012-02-20 12:44 | Kelloggライフ全般

最後のBiddingが無事終了

 来学期のBidding、1stラウンドが今日締め切られ、無事全ての科目を競り落としました。詳細は後日書くとして、今日は雑感だけ。最後の学期、ホントにシッカリと勉強したいって科目が二つあり、その2科目のワークロードが相当に重め、かつ卒業前のSocializeやゴルフ、テニスってアクティビティも充実させたい、って気持ちもあり、3教科の取得になりそうな気がする。反面、人気科目を取ったり、今後のキャリアで直接学ぶことの無い分野を学ぶラストチャンスということもあり、広く多くの科目を取っておきたいって言う相反する感情もあったりで、結局オプションを手元に残しておくって意味合いでフルの5科目を競り落とすことに。

 なので、最後の学期の取得科目については履修する・しないが決まった段階で細かく書いてみようと思います。『自分が所謂なMBAってのとズレてんのかなー』と思ったのが、前々から取る気マンマンで競り落としに行った3科目が各1ポイントの計3ポイントで獲得できた反面、直前に『エイヤ』って決めて競り落とした2科目が合計で約1,000ポイント...。素で突き進むと競合相手がいないっていう、1人ブルーオーシャンみたいな状態になってるなー、と。ま、個人的には大満足なポートフォリオなんで全然問題ないかな。

 そうそう、こっから話が完全に脱線。今日仲良しの韓国人クラスメイトが喜び勇んでやってきて、『KelloggのマーケティングのPhDから合格をもらった』って飛びついてきました。これ、凄いことです。世界一のマーケティングのリサーチ集団の仲間入りです。仲良しの朗報に僕まで嬉しくなって、喋り倒してたら二人揃って授業に遅刻...。先生ごめんなさい。彼は僕より2つ年上の32歳、こっから5年間の博士課程に行くってのは結構な決断が必要だったと思うけど、彼の今日の笑顔を見ていると、そういう悩みはもう完全に振り切って前を向いてる感じでした。カッコよかったですね。そんで、昔学者になりたかった僕にはちょっと羨ましくもありました。

 よく書いてますけど、Post-MBAって色んな道があるんです。勝ち組はコンサルとIB/PEだけじゃありません。アカデミアへの道も開けてるんし、やりたいことを見つけたって心から言える奴が勝ち組なんだと思いますよ。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2012-02-17 14:40 | Kelloggライフ全般

テスト後の週末

 シッカリ満喫してきました。

 金曜の夜。Asian Management Associationが主催し、我らJapan ClubがCo-hostingしたKaraoke Nightなるイベントに。このイベント、昨年に続き2度目の参加。カラオケ3割、飲み会7割といった感じのイベントですね、平たくいうと。アジア人ばっかりのイベントなので、日本の大学生より飲みのペースが早いです。いたるところでDrinking Gameが行なわれ、一気飲みばっかし。でもこれ、アジア人同士でしか出来ないので、結構貴重で好きだったりするかも。はい、僕も完全に泥酔でした。

 土曜日。食材の買出しやら洗車やらなんやらを済ませた後、久しぶりにChicagoでイチバンだと思う、よく行くおすし屋さんへ。2ヶ月ぶりくらいに来てみた所、シェフとメニューが少し変わった様子。味も少し変わったかな。けど、引き続きシカゴ一番の味なことに変わりはなく、ホッと安心。
d0167076_1519536.jpg
d0167076_15203162.jpg
 本日日曜日。宿題をサクッと済ませ、グループで提出の課題を纏めて、久しぶりに料理なんてしてみたりしつつ、嫁さんと一緒にグラミー賞をゆったりと鑑賞。あまり追われることのない、良い週末でした。休養十分、また明日から始まる今学期後半戦、頑張ります。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2012-02-13 15:26 | Kelloggライフ全般

終わりを感じさせるE-mail...

 Graduation Newsletterなるものが学校のRegistration Officeから。今月のいついつまでに、卒業のPetitionを提出するとともに、取得予定のMajorを提出してね、というもの。第4コーナーから最後の直線に差し掛かってる状況なんだな、ということ。知ってはいるものの、リアルに認識させられ、しみじみとしてました。

 確かに、今週の中間テストウィークが終われば来週は最終学期となる春学期のBiddingが始まり、きっとあっという間にFinal→春休み。最後の学期に何を学び、いかに遊ぶか。最後まで実りの多いケロッグライフにせねば。

 ちなみに、日本のUndergradの時にはあった留年願ってもの、こっちにはどうやら存在しないらしい。22で大学卒業して一直線に社会人になった身としては、留年のカードを切れるものなら切りたいところだけど、どうやら無理やりそのカードを切ろうとすると、Drop outになってしまう模様。基本学生にメチャクチャ優しいんだけど、この辺のフレキシビリティは(←良い悪いは別として)日本の大学のが高いみたいです。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2012-02-08 08:58 | Kelloggライフ全般

Super Bowlのその裏で

 ただいまSuper Bowlの真っ最中。ご存じの通り、Super BowlはアメリカンフットボールのNo. 1決定戦。アメリカで最も視聴率が高いコンテンツとしても知られていて、テレビCMの一つの枠は数百万ドルとか言われてます。

 CMを出しているのは自動車メーカー(トヨタもさっき出してました)、ビール(バドワイザーとか)、飲料(Pepsiとか)、お菓子(Doritosとか)といったいった比較的我々がエンドユーザーになる、業界大手の会社ばかり。一億円以上を投じて枠を確保するといった事情もあり、このSuper Bowlに向けて、各社が力をいれてCMを作りこむのです。

 そして、Super Bowlと並行してKelloggで行なわれているのがSuper Bowl Ad. Reviewというイベント。マーケティングの教授陣やマーケティング系クラブのDirectorが参加するこのイベントでは、各社のCMを分析し、バンバンと世の中にその評価を発表していきます。マーケティング界の聖地Kelloggでのこのイベントは、全米でもかなり権威があるものらしく、翌日にはKelloggでの分析内容が全米に行き渡るのです。

 マーケティングの話題をほとんど出さないこのBlogですが、これは筆者の好みの問題で、この学校のマーケティングは恐ろしく強いのです。定量マーケ、定性マーケ、広告戦略やらプライシングなど、ホントに数え切れない量と幅の授業を、世界トップレベルで揃えているのがKelloggのマーケティング。この充実度は多分他の学校にはないと思います。

 さて、こちらがその様子。Facebookから引っ張ってきたものなので、FacebookでKelloggのことをLikeしてもらえれば、みなさん様子を伺うことができますよ。
d0167076_112502.jpg
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2012-02-06 11:13 | Kelloggライフ全般

Mid-termの時期になり

 月曜日にTake Homeの提出が一つ、水曜日にIn classの試験が一つ、そんで木曜日の朝イチでTake Homeの締め切りが一つといった感じで試験です。最初のTake Homeの試験がクセモノでして、試験にTypoがたくさん...。イチイチ指摘してあげると、先生がクラスのみんなにメールを流すといった感じで、手間がかかりすぎる...。ま、教授も色んな人がいるので仕方ないかな。と、文句を言っているので、どの授業かは言えませんね。

 そんな試験勉強の時期にも、シッカリとケースや宿題は出るのです。こちら参考までに以前に出たInvestmentsの解答。内容は良いんですが、ページ数にご注目。45ページですよ、これ。こんな宿題と毎週のように戯れることができるんです。はい、幸か不幸か...。来週水曜日提出の宿題もドップリ出てますよ、モチロン。
d0167076_1634092.jpg
 とはいえ、Mid-termに時間の全てを注ぎ込んでるわけでもなく、今日も夜にテニスを少々。ちゃんとテニスできる友達を何人か見つけたので、夜の時間にサクッとできるのがいいですね。以前の運動不足だった時みたいにはドロっとした悪い汗は出なくなってきたので、身体がちょっとだけ若くなってきたかも。30代になった今だからこそ、目指せ!!動ける40代。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2012-02-04 16:36 | Kelloggライフ全般