カテゴリ:MBA授業( 57 )

中間テスト 続報

今日中間テストを一つ終え、宿題形式(Web上で提出するやつ)を提出。
今学期の4科目中、早くも2科目を終えました。
出来はと言うと、ともにバックグラウンド柄コンテンツを心得ている科目なので、
まず問題なくできたんじゃないかなー、と思います。

如何せん、英語で読み、英語で回答するこのフローに時間がかかりすぎるので、
まだまだ英語を改善しないとなぁ、と痛感します。

明日一科目、さらに木曜日もう一科目で終了です。意外とあっさり。
このままうまく乗り切れるといいんですがねー。

さて、ここのところテストの話題ばっかりしてて、
『こいつNerdなんじゃねーの』って思ってるあなた、鋭いですね。
けど、多分学生ってこんなもんです。
皆が試験に一喜一憂する姿を見て、学部時代と一緒だなぁって思いました。
もちろん皆が勉強一辺倒にならないところがKelloggの良い所ですけど、
同時にアカデミックも高いレベルで仕上げて来るところもKelloggの良い所ですね。

さて、あとちょっと頑張って美味しいお酒を飲みたいもんです。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2010-10-26 06:43 | MBA授業

中間テスト迫る...

来週は中間テストWeek。いよいよ『学生してる感』が最高潮に達してきました。
中間テスト、Undergradの時には経験しなかったので、高校3年生のとき以来。
今29歳になってしまったので、なんと11年ぶり...。歳とったなぁ。

日本でもそうかもしれませんが、試験のやり方って、バラエティあるなぁ、と。
 1. ある授業では持込み不可のペーパーベースで行なわれる日本的テスト
 2. ある試験はPC使用可、教材参照可、ネット・メールはしないでね
 3. ある試験はそもそも家で試験をやってWeb上で提出してね

3つ目ってそもそも試験って言わずに宿題って言えばいいじゃん、って。

僕は法学部だったので、『判例のついていない六法のみ持込可』が大半でした。
六法の空白に、忘れがちなコンセプトを小さい文字で書き込んだ記憶、笑。
ううむ...。学校に行かずズルイことばっかり考えてたダメ学生でした。
(もう時効です...よね??)

今は自分から望んで学びに来ていることもあり、全ての授業に出席し、
試験も真面目にこなして行くつもりです。
今の状態はごく当たり前のことですが、遊びすぎた学部時代を取り戻すべく、
Academicの部分もちょっと頑張ってみます。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2010-10-22 07:45 | MBA授業

GIM Japan!!!!

来学期のコースなんですが、間違いなく僕のKelloggライフの中で、
1つのハイライトとなるであろうコースです。

GIMとはGlobal Initiative in Managementの略称で、
世界のとある地域(アフリカ、南米、東南アジア、中国、インド等)について、
1学期間かけて学び、その集大成として研修旅行へ行こうというもの。

GIMの特徴は大きく二つ、
 ①旅行だけの学校が多い中、徹底的に学びを取り入れている(単位も来ます)
 ②カリキュラム策定からスピーカー招聘、旅行の企画まで、全て学生主導
といったところでしょうか。

先日GIM Japanをリードする8名のリーダーが決定し、
僕もその1人にめでたく選ばれました。
先週から授業ではどんなテーマでどんなスピーカーを呼ぶか、
研修旅行で行く訪問先企業はどんなところが良いか、等をディスカッション。

まだまだ手探りですが、
こうやって皆で一つのものを作り上げる作業ってホント楽しい。
日本のプレゼンスをオール・ケロッグにアピールする絶好の機会でもあるので、
目一杯楽しみながら頑張っていいものを作りたいです。

まだ走り始めた(というか助走期間)ですが、
ちょこちょこと経過や気づいたことを報告したいな、と思います。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2010-10-14 11:51 | MBA授業

MBA 一番大変なのは、時間管理か

最近思うことです。時間管理が本当に難しい。

今日も午前8:30-12:00まで2コマ授業を受け、
日本人同士の楽しい打ち合わせを一本挟んだ後に、
13:00-15:00,17:00-19:00,21:00-23:00の3本グループワーク。
勿論グループワークは相当準備して臨むので、慢性的に時間が足りません。
充実している反面、1日24時間というこの事実を少しだけ恨めしく思います。

グループワークは、FinanceやAccountingは自分がリーダーシップを取れる反面、
しっかり全体像を把握して望まないと、『自分だけ分かる状態』を抜けられません。
これじゃ意味がないってのが、グループワークの大変なところであり、醍醐味。

そして、Strategyのグループワークでは、
自分の整理した情報や思うところを効果的に伝えるのに常に苦労します。
英語力では貢献することが難しいので、できるだけポイントを捉えた議論をしたり、
あえて見方をちょっと変えた質問をしてみたりして、
散逸した議論を整理したり、深みを出そうと頑張ってみたりしてます。
まぁ、Strategyのディスカッションは難しいですね、やっぱり。

ま、試行錯誤しながら頑張ってる姿を見せている限りは、
ホントにみんながみんな好意的に受け止めてくれているので、
できるだけそんな彼らにプラスの影響を与えられるよう、
もう一段頑張ってディスカッションに望みたいもんです。

さて、そうこうしているうちに夜中の1時20分になってしまいました。
明日は頑張って早く課題をやっつけて、飲みに行きたいもんです。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2010-10-12 15:22 | MBA授業

Group Work

日曜日はゴルフだけで終わりません。
2本、時間にして4時間半に及ぶグループワークもこなしてきました。

科目はファイナンスと統計。個人で片付ける方が遥かに効率的ですが、
こういうのも含めてGroupでやっていくのがKelloggのカルチャーです。
職業柄どちらの科目の内容も比較的しっかりと押さえられているので、
Group Workではリーダーシップをとることができています。

ただ、昨日は幸か不幸かこの二本のグループワークで、
グループワークの良い側面と悪い側面を両方見ることになりました。

1)良い側面
 - 知識レベルに違いがあっても皆しっかり準備し、知識の共有の場とできる
 - しっかりした準備に基づいて議論が行なわれるので、
  ヌケ・モレ等がない、個人の答案を上回る精度のペーパーを仕上げられる
 - 良い仕事をお互いにすることで、心地良い一体感とFriendshipが醸成される
 - しっかりした準備をすることで発言の精度が上がり発言の機会が増加することから、
  個人的には絶好の英語の鍛錬の機会になっている

2)悪い側面
 - 半数以上のメンバーが他人に頼ろうとして、準備をしてこない
 - 結果として議論の進行が致命的に遅くなるとともに、
  答案の質もしっかり準備した一人の答案のレベルを上回ることができない

当たり前ですが、万全の準備で望むことが一番大事です。
英語ができない僕にはこれが最低限の守るべきエチケットですね。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2010-10-05 04:40 | MBA授業

2010 秋学期の授業概観

こういう真面目なのもたまには良いかと。
Kelloggは珍しく1年3学期制を採用している学校でして、
1学期目は基本的に全部必修科目を履修します。

Pre-termも合わせて履修しているのは以下の5科目。
 - Leadership in Organization:前述のプレ・タームの授業
 - 会計
 - Finance 1
 - 統計
 - ストラテジー

会計とファイナンスはバックグラウンド柄内容をほぼ心得ているので、
如何にグループワークをリードし、貢献していくかにフォーカスし、
ストラテジーではお荷物にならないように目一杯ストレッチしていく戦略です。
Group workの様子など、追って報告できればと思います。

そうそう、ちなみに毎週水曜日はKelloggはお休みなのです。
金曜日がお休みのB-Schoolが多いですので、結構珍しいですね。
どっちが良いかは好みの問題です。
いずれにせよ、Privateの充実と、予習の貯金を両立させたい1日です。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2010-09-23 08:35 | MBA授業

授業にて

コールド・コールってもんじゃないんですが、初めて名前を指されました。
Leadership & Decision Makingの授業にて。
結果はというと、撃沈。用意が足りず、回答できずに惨敗。くやしい...。

その後『巻き返さねば。』と強烈なプレッシャーに襲われたのは言うまでもなく、
後半に挙手して過去の仕事のヒトコマをケースに合わせて説明したものの、
どこまで巻き返せたか、あんまり自信はないですね。
授業を終えたあとにランチで韓国人の友達に『ナイスだったね』と労われるも、
今日は惨敗感でいっぱいでございます。

グループワーク、個別課題、試験対策と驚きの量のAcademicに加えて、
Socialも目白押しですが、うまく時間をマネージして乗り切りたいですね。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2010-09-11 05:36 | MBA授業