春休み Trip記 ~プラハ~

 チェコという国、プラハという街。事前のイメージは’60年代民主化の波の代名詞の一つである『プラハの春』とクイーンの名曲『ボヘミアン・ラプソディ』のみ…笑。でも、行ってみたらこの旅でイチバンのお気に入りは間違いなくプラハでした。ウィーンに負けない美しい街並みと、美食。そして、ドイツに負けないビールへの深い愛、笑。2泊しかしなかったのが勿体無いくらいステキな街でした。

 街並み
d0167076_22171691.jpg
 これを塔から見下ろすと 
d0167076_22201324.jpg
夕刻のプラハ城
d0167076_22184071.jpg
 しかも、パスタで欧州トップ10に入る店があるんです
d0167076_22191557.jpg
 ふぅ、振り返るにはまだ早いけど、この2年間で普通のサラリーマンの一生分は旅行に行けた気がする。うんうん、見聞が広まったかどうかは分からないけど、留学の目的の一つはシッカリ果たせました♪
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2012-03-25 22:24 | Kelloggライフ全般

春休み Trip記 ~ブダペスト~

 第三の都市はブダペスト。世界史選択の僕としては、高校の時からちょっと興味のあった国がハンガリー。世界史選択の理由は単に日本史に出てくる大量の漢字がニガテだっただけじゃないか、という批判ができる方は僕のことを良く知ってる人だけなので置いておきましょう、笑。このブダペスト、過去の複雑な歴史に翻弄されてきた国、街が醸しだす、少し暗くて、なんともセクシーなイメージがあったのですが、なんともイメージどおりの美しい街でした。街自体は小ぶりなので、1日のツアーで行って帰ってきたのは正解。

 丘側最大の教会と
d0167076_2212571.jpg
 そこから見下ろす街
d0167076_2215692.jpg
 そして、ドナウ川は跨いで丘と街を繋ぐ、くさり橋といわれる橋
d0167076_2222443.jpg

---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2012-03-25 22:04 | Kelloggライフ全般

春休み Trip記 ~ウィーン~

 第二の都市はウィーン。こちら、想像以上でした。ヨーロッパの都市で、ローマやバルセロナを『動』の美しさと表現するなら、ウィーンは『静』の美しさ。そして美食の都。ハプスブルグ家のお膝元であったことからも分かるように、栄光と美に彩られた街、これがウィーン。僕は一瞬でトリコでした。

 こちら宮殿内の丘にある建物。なんと、これカフェです。
d0167076_21532912.jpg
 内装はこんな感じ。
d0167076_2154234.jpg
 出てくるケーキはこんな。
d0167076_21543113.jpg
 ザッハトルテ発祥の地、ホテルザッハーでいただいたケーキ。
d0167076_2155104.jpg
 ウィーン名物のビーフカツ。
d0167076_21553358.jpg
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2012-03-25 21:56 | Kelloggライフ全般

春休み Trip記 ~ミュンヘン~

 先ほど春休みのトリップから戻ってきました。ミュンヘン→ウィーン→ブダペスト→プラハ。これで海外旅行っぽいものはおしまい。旅の記録をかねてまずはミュンヘンから。

 到着して最初の感想は、『ここ、住める』でした。大量のビア・ホールがあり、ソーセージがやたら旨い。でも、3日目に『やっぱ住めないや』となりましたね、はい。ビールもソーセージも旨いけど、そればっかりじゃ無理です。やっぱ人のファースト・インプレッションなんて当てにならんなと思わされるのでした。3泊って長さはちょうど良かったですね。

 ビールとソーセージは間違いなく最高
d0167076_21435367.jpg
 建物もパリほどじゃないにしろキレイです
d0167076_21442615.jpg
 ビアホールにはこんなダンディなお客さんも、ちょっとヒゲ...笑
d0167076_2145229.jpg
 そしてちょっと足を伸ばすとノイシュバンシュタイン城
d0167076_21453266.jpg

---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2012-03-25 21:47 | Kelloggライフ全般