2011年 11月 15日 ( 1 )

最近やっと

 授業中に発言することに抵抗がなくなってきた。思いついたことを手を挙げてすぐに発言するって意味で。これまでは言うことを頭の中で纏めて、そんでもって手を挙げてエイって感じだったので、ちょっとずつ進歩してるみたいです。ひょっとしたら、特に何も考えずに喋ってしまうアメリカ人的な悪いクセが移ってきてるのかもしれませんが...。

 Kelloggに来て一年もすれば英語でのディスカッションも問題ないと出国まえは思っていたのでそれと比べたら進歩は遅いけど、Kelloggのグループワーク漬けの日々がなければここまでも進歩してなかったかな、と思い、改めて進学先の決断が正しかったなぁと実感。30歳間近になってたった2年でバイリンガルってのは難しいけど、日々やってることは裏切らないなと思うのです。留学の動機のひとつに英語が上手くなりたいってのが入っている人、Kellogg以上の学校はないと思いますよ。

 とはいえ、英語力の向上ってのは果てしなく続く永遠の課題。纏まった休みのたびにいとも簡単に退化してしまうこの英語力、Thanksgivingも冬休みもちゃんとマネージしていかないと。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-11-15 08:51 | 英語