2011年 02月 18日 ( 1 )

生活リズムの変化

日本にいるときは朝に比較的強かった僕。朝6時台に会社に行っても平気だったし、
深夜残業の翌日も朝7時とかに出社することが日常的だった気がします。

けど、日中で様々なアクティビティをこなし、夜溜まりに溜まったE-mailや宿題を
処理する生活に慣れてくると、自然と3時・4時まで起きていることが多くなり、
朝起きるのがさすがに辛くなってきました。
今も夜中の2時半ですが、ようやくマーケティングのグループワークに向けて
ケースを読み終え、やっと一段落といった感じ。

話は変わりますが、ケースってことで思い出しました。
一学期目の秋学期は、ケースというもんがあまり好きになれなかったんですよね。
わざわざクドクドとした文章を読まないといけないケースで学ぶよりも、ポイントを
カッチリ押さえるスタイルが好きで、ケースは適当に流してたというのが先学期の
僕の実態でした。
ひょっとしたら英語ができないことの、自分への言い訳だったのかもしれませんね。

特にFinanceをケースでやるなんてナンセンスこの上ない、と思ってたんですが、
今学期のFinanceのケースをやってみたら、面白いことこの上ないじゃないですか。
しっかり個別のポイントを押さえた上で現実への当てはめをすると、
楽しかったFinanceの学習がより立体的になって見えてきますね。ううむ、楽しい。

ということで、嫌いだからあんまり力を入れないと、結局好きになれないし、
得られるものも得られなくなることがわかったので、先学期のスタンスを猛省中です。
ケースを通じて学ぶ時に、しっかりと吸収できるだけの素地を作っておくように、
事前の準備をなるだけやってから、ケースに触れていきたいですね。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-02-18 17:38 | Kelloggライフ全般