2011年 02月 12日 ( 1 )

職業病とういうのもは

僕のようなしがないサラリーマンには存在するらしい。

入社2年目に本社勤務になってから、毎日大量のTo Doと格闘し、時に埋もれ、
日々レポートやらスプレッドシートやらを作り続けた結果、高速タイピングという
特技を手に入れたのです。

人に誇れるような特技ではありませんが、高速タイピングで肉体を酷使した結果、
特に左手の手首の腱鞘炎に悩まされ、日常的に痛みを感じることが多くなりました。
Kelloggに来て英語環境でのレポート作成が増えた結果、低速タイプに切り替わり、
結果的に手首の痛みを感じることも少なくなっていたのですが、最近の寒さのせいか、
またぶり返してきました。ううむ、痛い。。。

はい、どうでも良いことを書いてしまってすいません。
明日はちゃんとしたことを書けるようにがんばって生きてまいります。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-02-12 15:45 | 雑感