2011年 01月 06日 ( 1 )

2学期目に突入して思うこと

ご存じの通り、今週から2学期目です。
1学期目との違いは、セクション(クラス)単位で受ける授業が無くなったこと。
必修科目でも、好みの時間と教授をBiddingで競り落として取っているのです。

今後似たような興味を持って授業を取っている仲間が増えていく一方で、
60名以上がみんな友達同士の環境で授業を受けるって環境が無くなるのは、
正直なところ少し寂しさを感じるところです。

結構クラスメイトのみんなも同じようなことを感じてるみたいです。
そのせいか、今学期に入ってからは、友達に廊下で出会うたびに、
挨拶だけでなく1分ほど、長い時は5分くらい立ち話になることが多い気がします。

僕も昨年KelloggをVisitした際、在校生からこんな話を聞きました。
『Kelloggでは友達とのお喋りに時間がかかるから、教室間の移動がやたら大変。』
その時は、正直申し上げて『さすがにそれは大袈裟だろ』って思ってました。

ただ、上述の通りこれホントです。
比較的大規模な学校ですが、このStrong Human TieはやはりKelloggですね。
クラスの括りが無くなくなって寂しさを感じながらも、
逆説的ですがKelloggらしい居心地の良さを肌で感じる今日この頃です。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-01-06 14:07 | 雑感