Professor of the Year

 今日のOptionalの授業も無事終わり、ホントのホントに全て終了。あとは成績を確認して卒業関連のイベントに出て、卒業式を残すのみ。みんな旅行に出てて今日のOptional SessionはMBA学生はいないかな(PhDとの合同授業です)と思ってたんですが、思いのほかみんなやる気があって、MBA生も半分くらい来てました。最後の最後まで、Kelloggの授業は刺激的でしたよ。さ、明日からは最後のトリップ。待ってろSF♪

 さて、KelloggのProfessor of the Yearが発表されました。僕もStrategy & Organizationの授業を受講していた、Strategyの若手エースであるProf. Niko Matouschekが受賞しました。
d0167076_13474053.png
 詳しくはKelloggのサイトからどうぞ。僕自身、StrategyのMajorを取っていることもあり、Strategyの授業はかなり数多くとりましたが、このMatouschek先生、教え方、Discussionの運び方、学生の心の掴み方、全てにおいて超一流。盛り上がってくると教授が興奮して『So excited!!!』って叫び始める面白いおニーチャンです。ちなみに毎回ウン百ポイントというBidding pointが必要になるこのMatouschek先生の授業、僕は幸運にも1ポイントで落札。ホントにラッキーでした。来年は1,000ポイントとかになるんだろーなー。

 Professor of the Yearを取った先生の授業を、取ったまさにその年に受講してたなんて、なんともラッキー。しかもこのMatouschek先生、『Kellogg生を教えることは僕たちの特権だ』って、なんとも嬉しくなるようなこと言ってるじゃないですか。Kelloggではベテランの教授はモチロンだけど、こういう若手の教授のクオリティが驚くほど高いなー、と感じることがとても多いのです。

 ま、なんともまとまりがない文章ですが、そこは明日からの旅行に気持ちが行ってるってことでご勘弁を。ではまた。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2012-06-08 13:55 | MBA授業