Be more self confident, and be a little more arrogant

 昨夜最後のReview Sessionを終え、たった今、最後のTake Home Examの提出を終え、Kelloggでの2年間のAcademicが全て終了しました。上手くいった時期・思い通りにいかない時期と色々ありましたが、終わってしまえばホントにあっという間。アカデミックという一つの切り口だけでも、色んな出会いがあり、最高の友達が沢山できたなー、としみじみします。

 さて、タイトルの英語はこの最後のReview Sessionで学生(大半は2年生)に送られた言葉。もうちょっと自己中に、もうちょっと傲慢になりなさい、という不思議な送る言葉。ケロッグの学生はホントに優しくて、いい奴で、チームのために自己犠牲をできる奴が多いんです。だからこそのこの心地良い2年間だったと思うし、最高の友達ができたって自身もあります。ただ、GSでMDまで登り詰めたこの教授から見ると、ケロッグの学生がWall Streetで活躍するには、ちょっと優しすぎる部分がある、とのこと(逆にだからこそケロッグの学生が好き、とも言ってました)。

 これからキャリアを再スタートさせるにあたって、Kelloggの心でもあるFor the teamの魂を持ちつつも、これからは少し『個』にフォーカスも置くって意味で、ちょっとしたギア・チェンジが必要になるかもしれませんね。ま、僕の場合はWall Streetで働くわけでなく、派遣元に戻るだけなので、いつも通りやればいいのかもしれませんが...笑。

 こちら昨日のReview Sessionの様子
d0167076_6592638.jpg
 最後の試験
d0167076_6594655.jpg
 二年間の勉強の結果。棚が悲鳴あげてます
d0167076_702144.jpg
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2012-06-06 07:11 | MBA授業