つぶやき

 東京はもう3月。今日(2/29)のEvanstonも春のような陽気。なんと15℃。そんなに長続きしなさそうだけど、気が早い半袖のニーチャン達が外を歩き回ってます。頭がとろけるような陽気とあって、今日も気の抜けた戯言を。

 大阪市で『君が代条例』が成立したってニュース、ちょっとビックリしました。先に僕の思想をDiscloseしておくと、やや右に寄ったRight Handyさんです。でも、このニュースに『????』と思うところも多かったので、頭の整理も兼ねて。

 この君が代条例、業務命令に複数回違反した従業員を解雇できるというもの。その業務命令に『君が代斉唱の際の起立』も含まれる、とか。はい、日本にいる方には当たり前の内容かもしれませんね。問題は当然、憲法で保障された『思想・良心の自由』を侵さないかどうか。

 個人的には、やや強めのナショナリズムを持っているヒトが政治家になることは大賛成で、気持ちは非常に理解できる反面、それを万人に押し付けることが正義なのか、って部分には『????』。極端な話、国家斉唱中に日の丸を燃やし始める奴、斉唱を邪魔し始める奴は業務命令違反で厳しく処罰して良いと思う反面、『自分の思想に反するため、起立できない』っていって着席してる人を処罰することが正しいかどうか、ってのはかなりデリケートな話。

 そして、それが嫌なら公務に就くなとか日本国籍でいるな、ってのは暴論も良いところ。職業は自分が『これだ』と思えるものに就くべきだし、国籍なんてそうそう自由に変えられるものじゃない。思想面のDiversityが認められ、それが共存できる中での日本というMother countryに対しての愛着を醸成する仕組みづくり、これができないもんかな、と思うのです。また、日教組に関わる諸問題を持ち出す人もいるけど、その問題を解決することと、今回の条例は必ずしも1:1で対応していないように見えるんですよね。

 市長さんは弁護士さんなのでこの辺の議論はモチロン僕なんかより承知の上で、リスクをとりに行ってるんでしょうけど、どうもシックリこんなぁ、とおもう春の1日でした。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2012-03-01 05:23 | 雑感