最後のBiddingが無事終了

 来学期のBidding、1stラウンドが今日締め切られ、無事全ての科目を競り落としました。詳細は後日書くとして、今日は雑感だけ。最後の学期、ホントにシッカリと勉強したいって科目が二つあり、その2科目のワークロードが相当に重め、かつ卒業前のSocializeやゴルフ、テニスってアクティビティも充実させたい、って気持ちもあり、3教科の取得になりそうな気がする。反面、人気科目を取ったり、今後のキャリアで直接学ぶことの無い分野を学ぶラストチャンスということもあり、広く多くの科目を取っておきたいって言う相反する感情もあったりで、結局オプションを手元に残しておくって意味合いでフルの5科目を競り落とすことに。

 なので、最後の学期の取得科目については履修する・しないが決まった段階で細かく書いてみようと思います。『自分が所謂なMBAってのとズレてんのかなー』と思ったのが、前々から取る気マンマンで競り落としに行った3科目が各1ポイントの計3ポイントで獲得できた反面、直前に『エイヤ』って決めて競り落とした2科目が合計で約1,000ポイント...。素で突き進むと競合相手がいないっていう、1人ブルーオーシャンみたいな状態になってるなー、と。ま、個人的には大満足なポートフォリオなんで全然問題ないかな。

 そうそう、こっから話が完全に脱線。今日仲良しの韓国人クラスメイトが喜び勇んでやってきて、『KelloggのマーケティングのPhDから合格をもらった』って飛びついてきました。これ、凄いことです。世界一のマーケティングのリサーチ集団の仲間入りです。仲良しの朗報に僕まで嬉しくなって、喋り倒してたら二人揃って授業に遅刻...。先生ごめんなさい。彼は僕より2つ年上の32歳、こっから5年間の博士課程に行くってのは結構な決断が必要だったと思うけど、彼の今日の笑顔を見ていると、そういう悩みはもう完全に振り切って前を向いてる感じでした。カッコよかったですね。そんで、昔学者になりたかった僕にはちょっと羨ましくもありました。

 よく書いてますけど、Post-MBAって色んな道があるんです。勝ち組はコンサルとIB/PEだけじゃありません。アカデミアへの道も開けてるんし、やりたいことを見つけたって心から言える奴が勝ち組なんだと思いますよ。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2012-02-17 14:40 | Kelloggライフ全般