歯医者さん事情 in US

 週末から妻の親不知が痛みはじめたので今日歯医者へ。Schaumburgという西へ車を1時間弱走らせたところに日本人が経営する歯医者があるのでそちらを予約。行く前にビックリしたのがアメリカでは親不知の抜歯すら保険の適用外...(←もちろん、保険のプラン次第だと思いますが)。『この保険、意味あんの??』と今加入してる保険に疑念を抱きつつも、日本がいかに健康保険先進国であるかを痛感。

 治療自体は1時間もかからずに終了。さすが歯医者さん、慣れたもんです。高い高いと聞いていた歯科治療費、やっぱり高かった...。日本で無保険で治療を受ける場合のざっと2~2.5倍といったところですね。ま、驚いた顔、戸惑った顔をしたら負けだと思って何食わぬ涼しい顔でカード切ってやりましたけどね。幸い、派遣元の日本の健康保険がカバーしてくれる、とのこと。Kelloggに来て、社費で良かったと感じた瞬間ランキングのトップ3には入る瞬間。うん、間違いなく入ります、これは。

 ともあれ、嫁さんが明日あたりには痛みから解放されるはずなので、それがイチバン良かった。さ、Mid-termも近づいてきたしまた勉強に戻ります。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2012-02-01 09:31 | Kelloggライフ全般