サン・パウロ

 たった今ブラジル12日間の旅から戻ってきました。サンパウロやリオでKelloggの同級生が沢山出迎えてくれて、『世界中の主要な都市には必ず友達がいる』ことのありがたみを早くも味わってます。そんで、一発目は最初の3泊を過ごしたのがサン・パウロ。

 一言でいうと、『大都会(カオス)』といった感じ。世界屈指の大都市ながら、そこには秩序とか、そういった類のものがあまり見受けられない。ただ、そのカオスの中から湧き上がってくる、独特なエネルギーと優しさみたいなものを感じさせる街、それがサン・パウロ。ビルの35階から見下ろすサンパウロの街はこんな感じ。
d0167076_0121576.jpg
 多分万人受けする街ではないと思う。事実、アメリカ人のなかには、『サン・パウロはただのデカイ街』という人間が結構多い。けど僕が思うに、『日本人のMBA学生』が行くにはホントに面白い街。まずサン・パウロといえば世界最大の日本人街。日系2世、3世の方と話をしてみて、彼らとの境遇の違いを感じると共に、サン・パウロの地で僕らと一瞬でも人生が交わったことに少し感謝したくなる。

 そしてブラジルで一番の食の都は間違いなくサン・パウロ。ブラジル式・アルゼンチン式のステーキが美味しいのは言うまでもなく、和食、イタリアン、何でもある。そしてどれも悉く美味しい。後述のパーティで使ったピッツェリアは、イタリアやアメリカなど、どこで食べたピザより美味いピザを出していた。そして、日本やアメリカと違いフルーツがとんでもない数マーケットに出並び、どれも安くてメチャクチャに美味しい。完熟のマンゴーが3つで300円とか、そんな感じ。

 そんで最後にMBAのパート。ブラジル人の友達からはとにかく常にWelcomeな感じが漂う。実際、サン・パウロではKelloggの友人の実家に泊めてもらい、サン・パウロ最後の夜には現地にいるKelloggの卒業生、クラスメイトを集めてパーティをしてくれた。とんでもない量のワインとカクテルが空いていき、終わったのは12時半すぎ。ちなみに、このパーティには赤ちゃんが同席してました、笑。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-12-23 00:13 | Kelloggライフ全般