留学とは

長期の海外旅行に、勉強が一緒に付いてくるパック旅行で​す。

 これを見たのが9月くらい、中学&高校の先輩にFacebook経由で紹介されてたのがきっかけで目を通したもの。メチャクチャ気楽な感じと一生懸命な感じが共存してて面白い。フルでご覧になりたい方はこちらからどうぞ

 ゆるい人が書いてるのかと思いきや、これを書いたのがStanfordのPhDの方で、これを紹介してくれたのがHarvardでPhDを取得して今はMITでポスト・ドクターをやっている方。はい、とてつもなく頭の良い人たちですね。

 何が言いたいかっていうと、今は留学に命をかける必要もないし、崇高な理想を追い求めるための留学である必要もないってこと。新しい出会いがメチャクチャたくさんあって、日本にいたら触れることができなかったであろう刺激にかなりの頻度で触れることができる。これに対して今の仕事以上にワクワクしたら、留学してみるのがいいんじゃないかな、って思うのです。(費用の話とか、GMATの話とかは置いといて...)

 そして、この記事に完全にAgreeなのは、将来の人生観ってのも別にもっていなくて良いんじゃないかな、って思うこと。持ってたら持ってたで素晴らしいけど、それに人生を縛られる必要もないかな、とも思う。数年後自分がやっていたいことを見つけ、それに近づくために今ある環境で一生懸命頑張ってみる。実際に来てみて思うのは、これが一番価値があるように思うし、それを可能にする環境がバカみたいに沢山整備されてるのがアメリカの(少なくともトップ校とされる)大学だったりするのです。

 僕も将来やりたいことはまだボンヤリしていて、それを探しながら『これじゃないかな』って思うことに顔を突っ込んで頑張ってみたり。過去の仕事や人生観ってものに縛られることなく、自分の道を自分なりに探すことができるのが留学かな、というのが来てみての実感。そして何よりもメチャクチャに楽しいってのもMBA留学の特権。どこの学校ってのは関係なく、この素晴らしい2年間を過ごす日本人の方がもっと増えて欲しいなと思うのです。

 今踏ん張ってる受験生の皆さんはもう一息ですね。意気込みすぎず、自分なりのペースで良いので、頑張って下さいね。ハチャメチャに楽しい2年間がもうすぐそこに待ってますよ。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-11-27 06:35 | 雑感