落ち着いた火曜日の夜

 明日水曜日はお休みで、木曜日提出の宿題を前倒しでできるという時間的ゆとりに幸せを味わい中。やっと日常が戻ってきました。

 そんなこんなでドタバタしている間に、来学期のBiddingが今日終わり、あと一ヶ月の今学期を終えるとKelloggライフも残すところあと2学期だけになるなぁ、と実感。来学期は極寒のため外で遊ぶことが出来ないので、勉強したかったけど手間ひまがかかりそうだなと思った科目(クオンツ中心)を履修予定。競り落としたのは4科目で次の通り。

1. Derivative Market I
 見たまま、デリバティブの入門授業です。Forward, Futureのプライシングから始まって、ブラックショールズに軽く触れるという程度らしい。これまでコーポレート・ファイナンスよりの勉強になっていたので、金融のなかでも少し知識の幅を広げようと思ってBid。

2. Investments
 こちらも見てそのまま、投資の授業。ポートフォリオマネジメントに始まり、かなりディープな話に突っ込むらしい。ワークロードが激しく重いことでも有名。去年とった先輩曰く、『スンゴイきつかったけど、CAPMの本当の意味がこの授業で分かった』とのこと。ううむ...楽しみ半分、恐怖半分。

3. Financial Report & Analysis 2
 合併会計、ヘッジ会計、年金会計、LBO会計等の込み入った話と、企業会計スキャンダル等の実社会との問題をブリッジするらしい。Kelloggのアカウンティングでは一番キツイ授業だとか。ちょっとやりすぎたかな...。

4. Competitive Strategy and Industrial Structure
 こちらは企業のアクションが他社の戦略にどんな影響を与えてその結果自社にどんな影響を与えるか、といったちょっとミクロっぽいリアクション・ファンクションを学ぶ科目。今学期は自分でケースを書いている先生が教えるということもあり、この期を狙い撃ちで履修。

 ということで、所謂MBAの授業とはちょっと違ったラインアップになり、Bidding pointも4科目で4点という省エネBiddingとなりました。ハンドリングしきれるかなぁ...。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-11-09 15:54 | MBA授業