Feeling so sad...

 何を言っているかと申しますと、超が付くほどお気に入りの授業が先ほど全て終了してしまったのです。その授業はPetersen教授のCorporate Finance。あまりに気に入りすぎて、Kelloggの在校生Blogにその良さを綴ってしまうくらいお気に入りでした。なので、彼の良さについては、こちらのリンク先をご参照ください。ちなみに、この写真が彼です。
d0167076_429937.jpg
 Cold Callと挙手を求めるバランスの良さ、教えることに対するPassion、そして物事の本質を突いたディスカッション、その全てがツボでした。『わからない事を恥ずかしく思わないで欲しい。だから質問をし続けてくれ』と常に言い続けていた彼のその姿勢に感動すら覚え、毎回講義に出るのが楽しくて仕方なかったのです。

 そんな彼のCorporate Financeの授業も今回が最後ということで、みんな数多くの質問をし、彼はその一つ一つに丁寧に答えていきます。僕も『この機会を逃したくない』と思い質問をしてみると、ステキな笑顔で『Exellent Question. That's a good point』と言われ、疑問が吹っ飛ぶキレイな解説をしてもらいました。

 そして、最も印象に残ったのは講義の最後に教授が学生に贈る言葉。
 『I just want you to be good and to do well.』

 愛情に満ちたこの言葉に、しばらく拍手が鳴り止みませんでした。このPetersen教授からこの時期にこのCorporate Financeの授業を取れたことをメチャクチャ嬉しく思うと同時に、もう終わってしまうことを非常に残念に感じました。

 調べてみると、彼はAdvance Corporate Financeの授業であるFinancial Strategy and Tax planningという授業も担当していることが分かり、必ずまた履修しようと心に決めた1日でした。それでは、明後日からの試験に備えて勉強に勤しみます。ではでは。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-03-11 04:30 | MBA授業