3月に突入

 2月があっという間に過ぎ去り、春の訪れを告げるであろう、3月に。こちらは花粉が舞わないので、(僕は花粉症もちではないのですが、)日本に比べると、アメリカの春は花粉症の方には大分優しいですね。

 さてさて、2ndラウンドの合格発表は、ほぼほぼ3月に集中するので、受験生の方はなかなかにピリピリした毎日を過ごされるのではないでしょうか。インタビューが終わってしまえば、あとは運とご縁の要素も多分にあるはずなので、どっしり構えて結果を待ち、受かった中から行き先を選ぶというスタンスで良いと思います。その方が精神的に大分ラクなので。

 Kelloggも冬学期が終わりを迎え、春学期に突入する3月。未だに氷点下に下がることの多いEvanstonですが、春になればテニスやゴルフも再開できるかな、と期待が高まりまっております。この前の週末に同級生がBay Areaに行き、共通の友人とゴルフを楽しんできたというニュースを聞き、無性にゴルフがしたい、テニスがしたい、という気持ちはもう最高潮。忙しい毎日からの現実逃避という見方もありつつも、外で目一杯体を動かせる時期は、やっぱりワクワクしますね。

 あとちょっと、GIMや試験を頑張って切り抜ければ、美しいEvanstonの春と初対面できると思うと、頑張りきれそうな気持ちになってきますね。ということで、もう深夜2時ですが、あとひと踏ん張りして、明日に備えたいと思います。

 ではでは。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2011-03-01 16:59 | Kelloggライフ全般