Thanksgivin前の授業終了!!

ということで、自分の英語力の向上具合を振り返るには良いタイミングかな、と。

純ドメの状態から7月に始まった留学生活ですが、
最初は公共サービスの連絡やら、レストランの予約もままならない状態でした。
それと比べれば、日常の必要最低限の会話に困ることは大分減ったように思います。

授業においては、英語のハンディキャップは厳然として存在していて、
しっかりと内容を把握してグループワークに臨まないと迷惑をかけてしまう感じです。
ただ、しっかりと準備すればグループをリードできるのも事実なので、
あまり悲観的にならず、しっかりと勉強を続けていけば良いのかな、という感覚。

最近は、Kelloggが語学力向上にとって素晴らしい環境であると、よく感じます。
自分でやった方が確実に早く終わるファイナンス・会計から統計に至るまで、
ここKelloggでは全ての科目においてグループワークが課されるので、
少人数での濃密なインタラクションの機会が数限りなく存在し、
その中で常に自分が貢献することを求められます。

そんな中で拙い英語なりに頑張って準備して貢献しようとすれば、
周りの皆からも評価してもらえる環境ゆえ、
必然的に、『良く準備し、良く喋る』オポチュニティが増加するのです。
これは僕がKelloggで良かったなぁ、と感じる理由の一つになっていたりします。

まだ期間は短いですが、確信を持っていえるのは、
純ジャパの人間にとって、Kelloggはハードコアかつ最高の修行の場ということ。

とはいえ、英語力向上はまだまだ先が長い道のりなので、今後もより精進です。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2010-11-20 09:00 | 英語