中間テスト週間 終盤戦の動き方

あっという間に中間テストも3科目を終え、残すは明日のStrategy1科目。
その他のFinance, 会計、統計と違い、数字で勝負できない科目です。
英語が苦手な僕にとって、一番苦手、かつ一番学びが多い科目がこれ。

このStrategyのテスト、昨日試験用のケースが配布されたのですが、
『ケースについて、いくらでも話し合ってくれて構わない』という稀有な試験。
なのでザックリとケースに目を通し、論点をピックアップした上で、
夕方から友達とケース・ディスカッション。

友達とガヤガヤ議論して学ぶのって、座学より得るものが遥かに多いと実感。
夜に限りない時間を確保できる座学と違って、
指定された日時までに議論をできる頭の状態に持っていく。
これって時間管理しながら責任を果たしていく仕事にそっくりですよね。
なので、ディスカッションやグループワークは社会人的学び方なのかもしれません。

試験も最終盤ではありますが、何も勉強ばかりする訳ではありません。
今日のディスカッション前には、来週から冬学期の授業のBiddingが始まるので、
我らがGIM Japanを如何に売り込み、アピールするかの作戦会議。

どちらもOnなのでOnとOffの使い分けとはちょっと違いますが、
こうやって頭を切り替えながら数多くのタスクをこなしていくのも、
ビジネス・スクールの忙しい学生生活から得られることかもしれませんね。
---------------------
[PR]

by Jinan-bou | 2010-10-28 02:13 | Kelloggライフ全般