受験準備① Time Management

初のリンクをさっき貼りました。
リンク先のひよこまめさんとはかつて2年間クラスメイトだったんですが、
縁あってKelloggでも学友となります。
長いお付き合いになると思いますが、よろしくです。>ひよこまめさん

さて、僕が去年そうだったように、
MBA受験を考えておられる方もこのBlogをご覧になるかもなので、
ちょこちょこと受験勉強の話もアップしていこうと思います。

まず最初のテーマに選んだのがタイム・マネジメント。
社費留学ということで限られた時間(1年間)で結果を出す必要があったため、
スケジュールの組立てが一番大事だと思いました。

僕自身、海外経験ゼロの純ドメで英語の発射台も高くなかったんですが、
スケジュールも含め、とにかく目標は高めに設定。
そうすることで、自分のスコアアップに満足することなく、
緊張感を保ち続けられたかな、と思います。

戦略としては、試験系(TOEFL, GMAT)は出来るだけ早く片付け、
最後(11-12月)はエッセイに没頭。
具体的には、7月TOEFL100点、9月GMAT700点、
その後年内いっぱい使ってTOEFL110点とエッセイといった計画。
実際は8月にTOEFL100超え、9月GMAT700超え、11月にTOEFL107で終了。
TOEFLは残念ながら最後までスロットが揃わなかった感じ。

出願時期については、チャンスは1年だけだったので、
年内に合格を確保し、本命校は年明けの2nd Roundで勝負といったスタンス。
1stでは4校に出願し、年内に1校、1月に1校合格を確保。
2ndでは9校に出願。幸いにも、複数のTop校から合格をいただきました。

Kelloggともう一校でかなり迷ったんですが、
Fit感やソフト・スキルの向上など、いくつかの理由でKelloggに決定。

Why Kelloggについては、別途書こうと思います。

d0167076_10175760.jpg

[PR]

by Jinan-bou | 2010-06-01 10:20 | MBA受験